車を所有している限り、車検は2年毎に必ず受けなければなりません。

車検にかかる費用は自動車の車種や依頼する業者によってその金額が異なります。

ということで、今回は車検にかかる費用とその金額について解説・紹介させていただきます。

車検の費用には大きく『法定費用』と『点検・整備費用』の二種類に分類することができます。

今回はこの『法定費用』と『点検・整備費用』について、それぞれ具体的に内容と金額を深く掘り下げていきましょう。

 

法定費用について

まず、法定費用は法律によって支払うことを義務付けられており、どの業者に依頼しても一律同じ金額となります。

この法定費用の金額は車種ごとに定められています。

法定費用には『自賠責保険料』『重量税』『印紙代』の三種類の合計となっています。

ではこの法定費用の具体的な金額について解説させていただきます。

まず『自賠責保険料』については、普通自動車の場合25,750円、軽自動車の場合10,000円となっています。

次に、『重量税』は、その車の車種や、経年数、エコカーであるかそうでないか、といったことによってその価格が変動することになります。

最後に『印紙代』となっていますが、普通自動車の場合、3ナンバーでは1,800円、5・7ナンバーでは1,700となっており、軽自動車の場合は1,400円となっています。

これら三種類の費用を合計した金額が法定費用となり、車種によりますが28,370円〜76,750円となります。

 

点検・整備費用について

では続いて『点検・整備費用』について解説させていただきます。

この点検・整備費用には検査代や24ヶ月点検整備代、代行手数料等が含まれ、その金額は依頼した業者によって大きく異なります。

また、当たり前ですが、車の状態によっては、点検・整備をどこまで依頼するかということでもその金額は変動します。

その他、消耗品やパーツなどを交換しなければならない場合なども、追加で料金が発生するということは覚えておかなければなりません。

上記の理由からこの点検・整備費用はまちまちとなりますので、おおよその目安となりますが、その金額は、ディーラーで検査を受ける場合は40,000円〜100,000円、民間整備工場や車検専門店では25,000円〜80,000円、カー用品店では20,000円〜60,000円ほとどなります。

あくまで目安ですがこれが『点検・整備費用』の金額となり、ここに法定費用を足した金額が車検費用の合計となります。

 

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王











コメントは受け付けていません。