2年に1度の車検に際して、車検をいい機会に点検・整備を行う人は非常に多いです。
車検費用はバカにならないですから、同じ車検を行うのであれば、きちんと点検・整備してもらいたいところですよね。

ですが、点検・整備を行う整備士(スタッフ)も人間ですから、次から次へと点検車両が運ばれてくるような忙しい時期では、例えプロでもどうしても目が行き届かなくなってしまう場合もあるのです。
そういったことを回避する為には、忙しい時期は避け、整備・点検する側に余裕のあるタイミングで持ち込むことが車検を上手に受けるコツなのです。

 

月末は避け、月初めに入庫すること

 

車検は基本的に月末に集中し、忙しいことがほとんどです。
月はじめは暇になるほどです。

というのも、自動車業界における販売システムに原因があります。
ディーラーでは毎月の販売ノルマが存在し、また月末締めとなっていますので、月末にスパートをかけるのです。
結果、月末に車検が集中することになります。

そうした事情によって、3年後車検を月末に受けると、またその2年後の月末に車検を受けることになりますから、車検はずっと月末に集中したままとなるのです。
上記の理由から、車検に出すタイミングとしては、月初めがオススメなのです。

 

激安車検三重

 

週初め、週末は避ける

また、1週間の内車検が集中するのは、仕事が休みとなる土日です。
土日の次に車検が多いのは月曜日です。
月曜に車検が多い理由としては、月曜日に車検に出すことで、週末までに車が戻ってくるだろう、ということを考える人が非常に多い為です。

ということで、車検を受けるにあたって良いタイミングは、週初めと週末を除いた水木金曜日です。

 

車を預ける期間について

最近では、45分車検などといった『スピード車検』サービスが増加している傾向にあります。
こういったスピードタイプの車検はフランチャイズ系に多いです。

ただし、このようなスピード車検において注意しなければならないのは、数人のスタッフが流れ作業で一気に点検を済ませてしまうこととなりますので、整備した方が良いのかどうか判断に迷った際、別にいいだろう、と見逃してしまうことがあるということです。

また、スピードタイプの車検で点検しても、整備が必要な箇所が発覚した場合は1日〜2日車を預けることとなりますので、結果的に普通の車検を受けた方が良いケースもあります。

愛車をきちんと丁寧に点検・整備してもらいたい時は、月末は避けて月初めにすること、週初めと週末は避け、水木金曜日にすること、スピード車検は利用せず、2日は車を預けてしっかりとチェックしてもらうこと、三点が重要なポイントとなります。
長く今の愛車と付き合っていく為にも、車検を依頼する時は慎重に選んでくださいね。

 

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

コメントは受け付けていません。