自動車を買うのではなく、借りるができる『カーリース』というサービスがあります。

このカーリースを利用することで、諸経費を抑えることが可能となります。

今回はこのカーリースについて詳しく解説させていただきます。

 

カーリースとは

カーリースでは、はじめにカーリース業者が自動車を購入します。

ただし、車両の登録に際しては、保管場所を証明する為である車庫証明を取得する必要性があります。

自動車の所有権はカーリース業者が持つこととなりますが、その保管場所については、車を借りるユーザーの自宅からの距離で変わりますので、基本的にはユーザー側で車庫証明を取得しなければなりません。

ですが、車の保管場所を明らかにしておくことで、カーリース社に車庫証明を代行して取得してもらうことも可能となっています。

ただし、この際別途手数料を必要とする場合がありますので、心配であれば事前に依頼する業者に確認しておきましょう。

そうして自動車の保管場所が定まったら、カーリース業者から実際に自動車がリースされることとなります。

このリース期間については、おおよその場合、裁定でも1年間としている場合がほとんどです。

また、それ以上の期間利用する場合、1年以上でさえあれば自由に選べるケースの他、3年、5年といったように、車検を区切りとして設定された期限の中から選択するケースとが存在します。

 

カーリースのメリット

カーリースにおける最大の利点は購入に比べてかかる費用を格段に抑えることができる点ですが、メリットはそれだけではありません。

カーリースの場合、定期点検・整備・車検など、その自動車のメンテナンスに際しても、カーリース業者の指定する整備工場に持ち込むことで、無料で行える場合がほとんどである、ということも大きな魅力です。

ディーラーなどで購入した場合、そのディーラーで定期点検を行うことでサービスが受けられるケースもありますが、基本的にはオーナーが費用を負担することとなります。

対してリースの自動車の場合、指定の工場で、無料で点検を受けることができます。

というのも、実はリース料金にメンテナンス等の費用も含まれているのです。

点検などは積極的に受けた方が得ですし、カーリース業者側としても、その自動車の状態が良いに越したことはありません。

また、自動車を万全の状態で維持する為に、信頼できる整備工場と契約していますので、個人で業者を選択するのに比べても、安心して依頼することができます。

 

大阪府門真市のリラク-ボディケアのサロン情報

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

コメントは受け付けていません。