自動車を所有しているオーナーの中には、日頃丁寧に洗車したり、パーツの点検作業を趣味として毎日行っている人もいますよね。

自動車は非常に数多くのパーツで構成された乗り物ですから、そういったパーツの中には消耗品として分類されている、交換が必要なものも多く存在します。

ですから、自動車の日々のメンテナンス必要不可欠であり、その安全性を維持する為にも定期的に点検を行うことを推奨されています。

例えば、簡単に自分でできる点検・整備として、外装のメンテナンスでは車体の洗車や各種ライト類の点検の他、タイヤの状態のチェックなどを行うなどがあります。

また、より細かい点検となると、それぞれのオイルの量をチェックする他、ウォッシャー液など消耗品を交換するということも挙げられます。

その他、地域によっては季節ごとにワイパーやタイヤの交換など、自動車の安全性を高く維持したまま長く乗るためには、ある程度の諸経費が必要不可欠となります。

そういった中、一般的な普通自動車では2年毎の『車検』が義務付けられています。

※ 新車を購入して初回は3年。

 

車検予約 愛知県

 

 

車検に合格して車検証を発行してもらわないことには、自動車は公道を走行することができません。

ですから、車検の有効期限が切れる前にかならず車検を受けなければならないのです。

ですが、人によってはそもそも運転する機会が多くない場合や、出張など長期に渡って自宅を留守にしていた場合、気付かない内に車検の有効期限が切れてしまった、というケースもあります。

車検が切れてしまった車は二度と乗ることができないのかというと、そういうわけではないので安心してください。

希望するのであれば、車検の有効期限が切れた後でも車検を受けて、合格すれば車検証を発行してもらうことは可能です。

車検に際しては、基本的にはその車を購入したディーラーに持ち込むケースが多いですが、最近ではスピード車検など、様々な車検のバリエーションが存在します。

費用を削減したいと考えている場合、そういった点もある程度考慮した方が良いでしょう。

ほとんどの車検業者は自社のホームページを設けており、格安で車検サービスを受けられる業者も多く存在します。

例えば『立会車検』など、予めWEBで予約を行うことで、当日はごく短期間で車検を済ませることができます。

さて、期限が切れてしまった自動車の場合ですが、車税の滞納が遅れてしまっている場合は事前にその支払を済ませなければなりません。

加えて、車検が切れた状態ではそのまま公道を走ることができない為、仮ナンバーを取得して走行させるか、その他レッカーを依頼して運ぶという方法などが存在しますので、車検切れの際にはこれら手続きが必要となります。

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王











コメントは受け付けていません。