町で走っている車を見ると、たまにナンバープレートに赤い斜線が引かれた車を見ることがありませんか?
この赤線の引かれたナンバープレートの正体を知っている人は意外に少ないのです。
実はこのナンバープレート、『仮ナンバー』と呼称されるもので、法律によって定められたナンバープレートです。
決して落書きしただとか、何かの改造だとかそういったたぐいのものではありません。

この仮ナンバーとは、車検の有効期限が切れた際、その車で公道を走行する為に装着を義務付けられているナンバープレートです。
通常、車検の有効期限が過ぎてしまった場合、その自動車で公道を走行することは法律で禁止されています。
もしこれを破って車検の期限が切れたまま公道を走った場合、無車検運行となってその違反点数は6点、また、6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が課せられます。

ですが、一度車検の有効期限が切れてしまった自動車でも、車検を受ければ車検証を発行してもらうことができます。
ですが、車検を受ける為には検査場までその車検の切れた車を運ばなければなりません。
車検の有効期限が切れた車は公道を走ることができませんから、この仮ナンバーを取得することで一時的に公道を走行することが可能となるのです。

 

車検 京都

 

車検予約 イエローハット

 

この仮ナンバーを取得するに際しては、自分の住んでいる住所、もしくは駐車している所轄の区役所や市役所、町の役場などで仮ナンバー発行の手続きを行うことができます。
仮ナンバーの申請当日には、認印の他、運転免許証や、自賠責保険証明証の原本など、運行する自動車を確認する為の書類を持参しなければなりません。

また、自賠責保険証明証の原本は仮ナンバーを取得する日から1ヶ月以上有効でなければなりません。
仮ナンバーを取得するにあたっての手数料は自治体などによって異なりますが、その金額は約750円程度です。

これら書類を用意して各自治体の窓口に自動車臨時運行許可申請書を提出することで、その日の内に仮ナンバーを借りることができます。
注意しなければならないのは、この仮ナンバーの貸出期間は受け取ったその日を含めて三日間となっています。
その期間を過ぎると仮ナンバーは返却しなければならず、再度公道を走らせる為には再びはじめから仮ナンバー取得の手続きを行わなければなりません。

ちなみに、仮ナンバーを取得せずに車を車検場に運ぶ方法として、業者に依頼してレッカー車を用意してもらうといった方法も存在します。


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

コメントは受け付けていません。