秘蔵の「ウエット・テクニーク」

体外受精を行う頻度が高いからといって、妊娠率の高さに繋がるというわけではありません。

 

自然周期で排卵する卵子一つを採取し、体外受精させた上で分割卵を子宮に戻し、妊娠を成立させる

言うだけなら簡単ですが、非常に高度な技術が揃って初めて成功するものです。

 

例えば、とある医療施設では、初め普通の体外受精で受精しなかった卵子に対し、次の日に顕微授精を行い妊娠成立させたというケースもあります。

高度生殖医療に携わる医師の殆どが、培養器内に一日置いた卵子はその後顕微授精をしても精子を受け入れず、妊娠は困難であると考えていました。

ところがその女性は実際に妊娠したのです。

 

このような妊娠が実現する背景には、その医療機関には他の医療機関には存在しない秘蔵の技術が受け継がれているからなのです。

こういった一般には知られていないその施設独自の微妙な技術のことを「ウエット・テクニーク」と言います。

 

私のもとに、ご主人が軽い乏精子症の診断を受けた女性が相談に来られた時、とある病院を紹介しました。

現在、男性側に原因がある疑いのある不妊については、多くの場合、顕微授精を行う流れとなります。

 

ですが、顕微授精は卵子の中に精子を無理に注入する強引な授精方法ですから、顕微授精を行わずに受精することが可能なら、それに越したことはありません。

その病院では通常の体外受精にちょっとしたひと手間を加えることで受精しやすい環境を作り出し、受精させていました。

実際に彼女はそのウエート・テクニークによりたった一度の体外受精で妊娠したのです。

 

ここでその詳細をお教えすることはできません。

私自身、彼女から体外受精の方法について話を聞くまでは、そのような手法は聞いたこともありませんでしたし、文献などを調べてみても全く見つかりませんでした。

きっとその技術はその病院でのみ用いられているウエート・テクニークなのでしょう。

 

「院外持ち出しを禁ずる」ものとして取り扱われている文書は実際に多く存在します。

高度生殖医療には秘密主義が横行しているのです。

不妊治療 費用

 

体外受精を成功させる為に必要な3つの力

体外受精を成功させる力とは、医者による「治療力」看護師の「看護力」そしてエンブリオロジストの「ラボ力」の3つです。

成功実績が高い病院ではこの3つについて、豊富な情報量も勿論のこと、腕のいい「職人」を揃えているのです。

 

高度生殖医療が行われる医療機関では、セトロタイドや、乳癌治療でも用いられるフェマーラという薬は排卵周期の管理に用いられているケースも少なくありません。

GnRHアゴニストに代わる存在としてGnRHアンタゴニスト(セトロタイド)を使う病院も多くなりました。

 

GnRHアンタゴニストはフレアアップ現象を起こすことなく、hMG(卵胞の成長を促進する薬)を投与する場合よりも短期間で済むことから、hMGの使用期間が短いショート法とフレアアップ現象のないロング法、双方のメリットを「いいとこ取り」した方法と言えます。

この薬に正式に認可されることとなれば、体外受精で卵巣を刺激する方法として主流となっていくかもしれません。

 

さらに、フェマーラ(経口抗癌剤 ※アロマターゼ阻害剤)が排卵誘発に用いられるようになってきました。

この抗癌剤は乳癌患者の一部の人に使用されますが、所謂癌細胞を滅亡させるための抗癌剤ではありません。

 

ホルモンの影響を受けやすい乳癌に対して、癌細胞がホルモンの影響を受けるのを阻害することで、結果として乳癌を小さくしたり、再発するのを防ぐための薬です。

そしてこの薬は排卵誘発に強い効果があることで有名です。

 

ただし、これらの薬は正式に認可が下りておらず、医者が個人的に手に入れているという現状があります。

このような薬は公立病院などで使うことが難しいのかもしれません。

 

※ セトロタイドは2006年4月、厚生労働省から承認され、9月から公式に使われています。


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。