不妊治療を始められる段階でよく聞かれることがあります。

それは、「普通に妊娠することはできないのでしょうか?」「自然妊娠を望んでいます」「薬を使用するのは副作用のことが気になります」などです。

 

しかし結婚して2年経過していれば、約90%の夫婦が自然妊娠することから想像すると何か原因があって妊娠を阻害していると思わざるをえません。

 

自然妊娠できないから不妊治療をするのです。

妊娠が成立するには色々な事柄が難解に絡み合っています。

 

不妊治療

 

  • 卵巣内に原子卵胞が充分あるかどうか。
  • 卵胞や子宮内膜の生育を促進するホルモンが正常に分泌されているかどうか。
  • ホルモン分泌によって一つの卵胞のサイズが20㎜程度まで大きくなり、正常に排卵されているかどうか。
  • 排卵後の卵が卵管内に取り込まれているかどうか。
  • 射精される精子の数が充分足りているかどうか。
  • 排卵の時期に頸管粘液が正常に分泌され、精子が膣から子宮に泳ぎ上昇できる状態になっているかどうか。
  • 精子が卵管内の卵管膨大部に到達できるかどうか。
  • 卵子と精子の出会いのタイミングで受精が出来るかどうか。
  • 受精卵が卵管内を通過して子宮までたどり着けるかどうか。
  • 子宮に到達した受精卵が充分な厚みとなった子宮内膜に根をはることができるかどうか。
  • 妊娠を継続するためのホルモンが正常に分泌されるかどうか。

 

これら全ての事象が正常に行われなければ妊娠は成立しません。

 

どこに欠陥があって妊娠を阻害するのか、それを検査によって調べながら最善の治療法を模索していきます。

治療法の中に自然妊娠とほぼ類似する形の「タイミング法」という治療を試してみることもあります。

 

しかし妊娠の機会を増やすために排卵誘発剤によって排卵する卵の数を増加させたり、人為的に精液を子宮内に注入する「人工授精」や、卵巣から取り出した未受精卵を体外で精子と受精させる「体外受精」しか妊娠出来る方法がない場合もあります。

 

薬を使用することによる副作用はもちろん気がかりですが、薬を使用する必要があるからこそ使用するのです。

卵巣に負担がかかってしまうケースもありますが、妊娠するための道のりだと思えば避けては通れない道なのです。

 

どうしても必要なものだという認識をもって治療を継続していきましょう。


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。