不妊で悩み、費用のことで頭をひねったり、クチコミサイトを見て必死に自分合った不妊治療を探しているというが方も多いです。

一方で、まだ特に子供を作ろうとしていない方、未婚の方が、この不妊や不妊治療を、自分に縁遠いものと考えている場合も多いです。

自分が妊娠しづらいかどうかというのは、子作りを開始して、何ヶ月1年、2年と経っても子供ができない、というときに初めて疑うものですから、事前に自分が不妊であるかどうかがわかるわけではありません。

このようなこともあって、まさか自分が不妊であるとは思わないという人がほとんどのはずです。

しかし、あるアンケートで、 「もし自分が不妊であるとわかったら、治療すると思うか?」と尋ねたところ、7割の方が「治療すると思う」と答えたのです。

やはり、子供を持ちたいと考えている方、不妊治療をしてでも子供が欲しいと考えている方は多いのではないでしょうか?

では不妊治療すると思うと答えた方は、実際にはどのようなことを考えてこのような回答したのでしょうか?

 

不妊 原因

 

「愛する人の子供を産みたいので、できることをすると思う」という意見や、「子供がいる友達を見ると、自分もああなりたいと思うから」という意見が多いようです。

やはり、辛い不妊治療になるとしても、それを乗り越えて子供が欲しいと考えている人が多いです。

一方3割の人が「子供ができない体であれば不妊治療はしない」と答えたのですが、これはどのような心理によるものでしょうか?

「精神的にもたないから」という方や、「無理に子供を作るよりも自分の人生を楽しむことにお金と時間を使いたい」という方も多いです。

また、「子供がいないから幸せになれないわけではない」という意見や、「子供を作るために結婚するわけではない」という方もおり、このように多様な考え方があります。

ただ、実際に不妊治療を経験した方からは、「子供が欲しいけれど、どうもできる気配がないという方は早めに治療考えた方が良い」と言っています。

「結婚前に検査すればよかったと考えた」という方も多く、やはり早いうちに対応した方が良いと口をそろえます。

このように、妊娠を望むのであれば早めに対策をしておいた方が良いようです。

また、30代や40代のならともかく若くして結婚した20代の方は、「不妊治療なんてしなくてもいつかできるだろう」と楽観的に考えている人もかもしれませんが、若いからといって不妊にならないというわけではありません。

このような意味でも、妊娠を望む方は早めに検査をしておきましょう。

 


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。