やっぱり、妊娠すると産婦人科にかからなければなりません。

 

そこで、妊娠しているかどうか検査もしてもらわなきゃいけません。

 

やっぱり、最初の初診で気になるのが費用なんですよね。

 

初診料は、安い方が良いんですけど、

出産まで面倒診てくれる産婦人科が良いですね。

 

なので、最初からお金をたくさん貯えておく必要があります。

 

まぁ、お金は旦那が頼りなんです。

 

出産できない産婦人科なら、5000円もしないんですが出産できる産婦人科なら、

1万円もしませんが近いくらいなんです。

 

悲しいのは、保険がきかないんです。

 

妊娠とか出産は、病気とは違い保険適用外なんです。

 

だから、費用は全額負担ということになります。

 

ですが、全額負担というのはきついんですが、

地方自治体ではいろいろと補助をしてくれるところもあるようです。

 

産婦人科の初診からある程度の回数までは、

特別な措置をしてくれる自治体もあります。

 

ある程度のお金を出してくれる、自治体もあります。

 

少しだけではなく、

妊娠しても大丈夫なふうに国じたいがしてくれると嬉しいんですけどね。

 

そうなれば、もっと赤ちゃんを産めて少子化も解消できると思えるんですよね。

 

お金ばかりかかってしまっては、

赤ちゃんが欲しくても赤ちゃんを作ることができないんです。

 

ですが、普通の保険では無理でも医療保険なら、

妊娠や出産までのサポートをしてくれます。

 

でも、妊娠するより前から医療保険に入らないと駄目なのが悲しいですよ。

 

ということは、

子作りする前から医療保険に入っておく必要があるということなんです。

 

妊娠から出産までは、

どれだけかかるのか知りたいのでいろいろと独自に調べてみることにしました。

 

やっぱり、最低でも1年の中の4分の1は用意しないと駄目みたいです。

 

最近では、共働きってよくありますからね。

 

旦那だけの稼ぎでは、今の時代では難しいですからね。

 

授乳中 妊娠する方法

 

まぁ、旦那がそうとう稼ぎが良い仕事をしているのなら別ですけどね。

 

私の家庭でもそうですね、夫婦共働きをしています。

 

なので、私も自分の分を最低必要な分だけは蓄えておくべきですね。

 

地方自治体によっては異なるでしょうが、妊婦さん用の制度というものがあるようで、

その制度を利用すれば必要な回数の検診分の費用は支払わなくても良いみたいなんです。

 

後は、妊娠中に赤ちゃんの物を買い込みすぎるのも良くないようです。

 

確かに、赤ちゃんのことを考えると、

嬉しくなってついついあれもこれも買いたくなってしまいますよね。

 

こんなことを書くと変に思われてしまうかもしれませんが、

出産のときは出産祝いなどでいろいろともらえますし、

おさがりとかをもらって使えるものは使うのも良いかと思います。

 

 


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。