今は、まだ結婚をしていません。

 

まだ、恋人の段階で今後のことを話し合ってはいます。

 

それで、彼氏と同棲しているんです。

 

何か最近体調が悪いと思って、医者に行ったんです。

 

普通に風邪か何かだと思ったんで、内科へ行ったんです。

 

それで、診てもらいました。

 

『ここでは診ることはできません。』って、言われてしまいました。

 

急に、診ることができないと言われ困惑してしまいましたよ。

 

『病気ではないので、産婦人科できちんと診てもらってください。』とのことでした。

 

最初は、よくわからなかったんですが帰ってから彼氏にそのことを伝えましたよ。

 

それで、彼氏は『すぐに、産婦人科に行こう!』って、言ってくれました。

 

とても、嬉しかったですよ。

 

さっそく、2人で産婦人科に行きましたよ。

 

『おめでとうございます。』って、産婦人科の先生が言ってくれました。

 

「ありがとうございます!」って、嬉しくてお礼を言いましたよ。

 

妊娠したのは、本当に嬉しいんです。

 

嬉しいのですが、気がかりなのは妊娠してしまったのでこれから

産婦人科に何回かに渡って通わなきゃならないんです。

 

そうなると、費用のことが気になるんです。

 

そんなに安いものでもないでしょうから、

彼氏に全てを任せてしまっても良いのか…

それとも、私が貯金をはたいてでも払った方が良いのか…

そこが悩むところでは、あるんですよね。

 

妊娠する前は、何でも相談できたんですけどね。

 

やっぱり、妊娠となるとそう簡単に相談するわけにもいかないでしょうし…

彼氏は、私よりも若いので費用の全てを任せるのは酷なことだと思うんです。

 

それでも、産まれてくる赤ちゃんの父親になるのは彼氏です。

 

彼氏には、それなりの責任というものが生まれてきますからね。

 

一度、しっかりと話し合いをしてみた方が良いのかもしれません。

 

それに、入籍のこともしっかりとしないとなりませんし…

いろいろと、悩むことが多すぎるんです。

 

だからと言って、

お腹の中にいる赤ちゃんを降ろすということはしたくありません。

 

だって、彼氏との間に赤ちゃんがほしかったのは本当なんですからね。

 

それで、念願叶ってできた赤ちゃんです。

 

そんな簡単に、降ろすようなことは考えられません。

 

ただ、問題なのは費用の面なんですよね。

 

「K君、妊娠だって嬉しいよね。」

 

『嬉しいよ、赤ちゃんほしかったんだ!』って、

凄くニコニコして大喜びしていました。

 

でも、さすがに費用のことまでは言えませんでした。

 

不妊治療

 

『俺も、パパか…Aちゃん、俺達結婚しない?

産まれてくる赤ちゃんのためにも、Aちゃんのためにもさ。』

 

「うん、パパだよ。

ありがとう、嬉しいけど本当に良いの?

いろいろと考えてくれてるのは、嬉しいけどK君はまだ若いから…」

 

私は、心配だったんです。

 

でも、K君とその後も話し合いしました。

 

本気だったことがわかり、とても嬉しかったです。

 

でも、費用の面も面倒みるって言ってくれましたが、

それほど安いわけではないために不安はあります。

 

 


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。