不妊治療専門の医療機関を選択する

婦人科を受診すると言っても、一体どの病院に行けばいいのか?

病院選びは不妊治療においてその後の明暗を左右する大きな問題です。

 

不妊 妊娠した途端

 

婦人科と一口に言っても、診療項目は実に多岐に渡ります。

 

妊娠、分娩をメインに診ている婦人科もあれば、不妊症の専門診療を行っている婦人科もあります。

分娩を取り扱う個人病院においては、めったに不妊治療を行うことがないという婦人科もたくさんあります。

 

どの医療機関でも同じ内容、同じ水準の治療ができるわけではないのです。

不妊治療における技術革新はとても速いスピードで行われているので、不妊治療専門の医療機関でないと最も新しい不妊治療ができない可能性があります。

 

病院を選択するときは、必ず不妊治療専門の機関かどうかを確認することが重要です。

本屋さんには不妊についての本や雑誌など多く並べられていますし、近頃はインターネットのホームページを開設し診療内容などを確認できる医療機関もたくさんあるので検索することも可能です。

 

また友達や知り合いに不妊治療を行っているという人がいたら、聞ける限りの情報を教えてもらった上で、病院の選択をしましょう。

不妊治療専門の医療機関には、大学病院のような大病院と、個人病院とがあります。

 

それぞれ良い点、悪い点があるので、熟考の上選択するようにしてください。

規模の大きい病院には不妊外来が常設されている産婦人科以外に色々な診療科が併設されています。

 

そのため糖尿病、や腎臓病、心疾患などの持病がある人が不妊治療を行う際には他の診療科と連携して不妊治療を進めることができます。

 

また様々な設備なども整っているので、何か不測の事態が起こったとしてもきちんと処置をしてもらえる安心をもって治療できるのは大病院でしょう。

 

しかし、その一方診察や検査までの待ち時間が非常に長く、受付は午前のみということもよくあるので、仕事を持つ女性や夫には通院が難しいというデメリットもあります。

 

大病院には担当医を決めている病院と、交替制をとっている施設があります。

担当医を決めてくれる病院であれば1人の先生にずっと診てもらうことができますが、交替制となるとそうはいきません。

 

外来受診の際の医師、超音波やレントゲンの検査をする医師、体外受精の際に手術担当をする医師、入院中の担当医など、全て違う医師になってしまうこともあります。

 

大病院だからこその安心面は重要ですが、診察医が何人もいると、何かと融通が利かないことも出てくると思っておいた方がよいでしょう。

 

不妊治療専門の個人病院においては、待合室で妊婦さんと同席しなければならないような事態はまず起こりません。

医師も1人か、2~3人程度で、ずっと1人の医師に担当してもらえるのが良い点です。

 

検査についてもその医師が行うので、全てを把握してもらっているという信頼をおくことができます。

受付スタッフや看護師とも顏馴染になりやすく、家族的なムードで迎えてもらえることも安心感をもてる点と言えるでしょう。

 

また土曜診療もしてもらえたり、夜は19時まで診察が可能だったり、仕事をもつ女性でも不妊治療を行えるように診察時間を工夫して設定しているところが増加してきています。

 

個人病院は、全ての治療を1人の先生に行ってもらえるため、信頼をおきやすく、また気楽に受診できるところが魅力と言えるでしょう。

しかし反対に医師が1人しかいない小さい医療機関では、その病院だけでは出来ない検査や治療があるのも否定できません。

 

ところで不妊治療をスタートするときは初めに妻が1人で受診するケースがほとんどです。

婦人科とは男性は近づきがたいもの。

 

不妊治療にきちんと向き合えないという男性も多くいることでしょう。

まずは妻が受診してから、という気持ちもよくわかります。

 

しかし不妊の原因が男女同比であること、また不妊治療について夫と妻の二人が二人三脚で行っていくことを考慮すると、可能であれば初めのスタートから夫婦一緒に来院して医師の話を聞いておくというのはいかがでしょうか。

 

夫と妻の両方にどういった検査をしなければいけないのか、その上でどのような治療を行っていく可能性があるのか。

夫婦で同時に医師の説明を聞いた方が理解も深まり、検査も治療もすんなり進めることができます。

 

不妊症とは夫婦二人で向き合うべき事柄です。

子供を授かるためには二人の協力体制が重要です。

 

毎回は無理で、予定が合うときには夫婦一緒に受診し、不妊治療を夫婦二人で共に進めていくようにしてください。


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。