子供ができないことの悩みはとってもデリケートです。

 

同じ悩みを抱えている人でなければなかなか理解してもらえないだろうと

考えている人が大半ではないでしょうか。

 

親しい友人に話を聞いてもらうことすら躊躇するという人もいるぐらいです。

 

でも、話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるんですよね。

 

特に何か言って欲しいのではなく、うんうん、と頷いてくれるだけでどれだけ心が軽くなるか。

 

まさか自分が妊娠しにくい体質だったとは、さすがに驚きました。

 

結婚を機に夫婦そろって不妊体質かどうか調べるカップルが多いという話を聞いていたので、

是非自分たちも受けてみたいと即決です。

 

結論から言うと夫には問題なし、私が妊娠しにくい体質だったことが判明しました。

 

さすがにその結果を聞いたときはどん底まで落ち込みましたが、

とことん落ち込んだら後は上昇するだけ、と気持ちを切り替えたのは結構早かったかもしれません。

 

不妊様

 

いろんなことが気になりましたが、まずはお金の心配もありました。

 

不妊治療には驚くほど費用がかかると聞いたことがあったので、

自分たち夫婦の稼ぎで払えるのだろうかという心配があったんです。

 

色々調べてみましたが、不妊治療の内容によって費用も様々でした。

 

ですから、どのぐらい費用がかかるのかというのは、

どんな方法で不妊治療を行っていくのかによって決まるということです。

 

周囲で不妊治療を受けているという方の中に、

排卵誘発を刺激法で行う方法で不妊治療を続けている方がいました。

 

排卵までかかる費用として、アゴニスト法(ショート法)の場合は処方料や注射手技料、

診察料などを含むとおよそ50,000円前後が平均的な費用となっています。

 

アンタゴニスト法(HMGセトロ法)の場合は100,000円前後が平均的です。

 

排卵誘発法が低刺激法〜中刺激法の場合、排卵誘発法が刺激法となる場合、

どちらも採卵までにかかる費用のほかに、採卵から妊娠判定までにかかる費用もプラスされます。

 

実は費用のことが気になってなかなか治療が始められないというカップルも少なくないのです。

 

私たちもそうでした。

 

遠慮する必要はないんですよね。

 

信頼できるお医者様に直接聞けばいいんです。

 

自分たちはどんなタイプの不妊で、それに合った不妊治療がどういうものなのか説明を受けるときに、

トータルでどのぐらいの費用がかかるのか、親切に教えてくれます。

 

ですから、不妊治療をはじめるときに大切なポイントとして、心の底から信頼できるお医者様に出会うこと、

これってとても重要なことなんです。

 

 


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。