男女どちらにも不妊の原因がある

 

流産 種類

 

不妊症には、不妊の原因がおもに女性側にある「女性不妊」と、男性側におもな原因がある「男性不妊」があります。

 

その男女比を統計上で見てみると、女性不妊が約4割~5割、男性不妊が約3割~4割。

後の1~2割は双方に原因がある場合か、あるいは原因不明のケースです。

 

女性不妊の主な原因

女性不妊の原因としては、以下のようなものがあります。

  • 卵巣内で卵胞が生育され、排卵に至るまでの段階にトラブルがある「排卵因子」。
  • 卵管の状態が不良で卵子と精子の出会いが成立しない、「卵管因子」。
  • 子宮奇形、子宮筋腫などによって受精卵の着床が成立しない「子宮因子」など。

 

男性不妊の主な原因

「男性不妊」の主な原因としては、以下のようなものがあります。

  • 性交時の勃起障害や射精ができない「性機能障害」。
  • 精巣で精子を造精する際にトラブルがあって精液内の精子の数が少なかったり、精液の中に精子が存在しない「造精機能障害」。
  • 精子が通過する経路が不良のために精子が放出できない「精路通過障害」など。

 

また、カップルの相性が不妊の理由になる場合もあります。

免疫性不妊」と呼ばれるもので、性交の際に女性の頸管粘液を調べるフーナーテストと呼ばれる検査で、頸管粘液の中に動きをもった精子が存在しないことから判断されます。

これは女性の膣内に射精された精子を異物と捉えてしまい、受け入れないために精子が子宮内に到達できない状態です。

 

またカップル双方の検査をもってしても不妊の原因となる結果が得られない事もあります。

機能性不妊」と呼ばれていますが、6カ月~1年経過しても自然妊娠しなければ、さらに精密検査を受けてみると良いでしょう。

 

不妊の原因がわからないからといって原因が存在しないということではありません。

今の検査内容では理由が見つからない不妊という意味合いなのです。

 

治療をスタートした頃の検査では不妊の理由が見つからなくても治療の段階を進めていくうちに不妊の理由が明確になってくるパターンも多くあります。

 

例えば、卵管内に卵がキャッチアップされないというケースでは検査で原因を見つけることができないのです。

また受精障害についても体外受精を試して初めて判る不妊症の原因です。


>>妊娠したいあなたのための不妊解決法【不妊解決リンク】

自宅で妊娠力を高める方法


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


コメントは受け付けていません。