美肌になるにはお風呂が重要

美肌になるには、日常生活のさまざまなことに気をつける必要があります。

もっとも多くの方が美肌のためにおこなっていることがスキンケアですが、そのほかにも食べ物やサプリメントに気をつけるなど、多くのアプローチで美肌を目指す必要があります。

ところで、お風呂も多くの方が美肌に欠かせないと考えているもののひとつです。

温かいお風呂でしっかりと汗を流せば、老廃物が流れて美肌になれそうですが、実はセラミドまで流してしまうんです。

これはどういうことかというと、42℃くらいのお湯に、長時間浸かっていることで、セラミドが流れだしてしまうという事情があるからです。

熱いお風呂が好きという人もいますが、42℃程度の湯船に浸かるのであれば、時間を短めにするよう心がけましょう。

目安としては5分程度がおすすめです。

そして、このほかにもお風呂は、使い方に気をつけないと、美肌にとってよくない効果をもたらしてしまうことがあるので注意が必要です。

たとえば、お風呂に長時間浸かってから身体を洗う、という習慣のある人は、お肌に余分な負荷をかけ、肌トラブルを引き起こす原因をつくっているかもしれません。

このようにお肌をやわらかくしてから洗うと、非常にデリケートになったお肌をこすることになり、乾燥やかゆみまで引き起こしてしまうのです。

ですから、お風呂で身体を洗うのは、湯船に浸かる前にするほうがベター。

どうしても湯船に浸かってから身体を洗いたいのであれば、せめて5分程度と早めに切り上げて、お肌がそれほどやわらかくなっていない時点で身体を洗うようにしましょう。

 

そして、中にはお風呂を重視するあまり、「眠る時間を減らしてでも、お風呂には入らなきゃ」と思っている方もいます。

たしかに、お肌のためにお風呂が大事であることに代わりはないのですが、しかし、このために睡眠時間まで削ってしまうのは明らかにやりすぎです。

どうしてかといえば、睡眠のほうがお風呂よりも、お肌にとってははるかに大事だからです。

また、入浴にはリラックス効果があるといわれていますが、実は、入浴すると1時間から2時間は、なかなか睡眠に入れない状態にあります。

それは入浴によって体温が上がってしまうからです。

 

美肌とダイエット目的で入浴をしようとすると、体に大きな負担がかかってしまうことがあるので、気を付けないといけないのです。

そのため、夜、帰りが遅くなってしまったときのお風呂は、ぬるめのお湯に浸かって短時間で出てくるか、シャワーで済ませるようにしましょう。

 



人気ニキビケアランキング


1位ランキング バランシングライン
2位ランキング 大人のポツポツ専用サプリメント
3位ランキング 口コミで大ヒット!クレア


新着記事












ニキビの治し方



sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ