美肌に良い野菜の選択方法

美肌を保つために欠かせない食べ物として知られているのが野菜です。

野菜には複数のビタミンやフィトケミカルが含まれていますが、野菜はどれも体に良くて、また美肌のためにいいものだと思っている方が多いのではないでしょうか。

実際に野菜を作る時にどんな栽培のされ方をしたのかについては、あまり関心がないのではないでしょうか。

野菜を栽培する時に使用される農薬はできるだけ体内に入れたくない物質です。

体にとっては異物なので健康や美肌には大敵です。

この農薬は野菜を栽培する時に使用される場合がありますが、中には無農薬で栽培されたものがあります。

美肌を維持していくために、スキンケアと併せて正しい野菜の選び方についても情報を得なければなりません。

 

野菜の栽培に欠かせない農薬

農薬は野菜を食べる害虫から保護するために使用されます。

農薬の使用も少なければいいのですが、栽培中に何度も農薬を野菜にかけると野菜の中心部にまで農薬が浸透してしまいます。

この野菜を食べると体内に農薬が入ってしまい、美肌を損ねてしまうことがあります。

野菜を食べる時にはまず水でしっかりと洗うことが大切です。

水で洗うことによって農薬の多くは流れていきます。

また根菜類は地中で育つ野菜ですが、農薬の影響を受けやすいものです。

調理前にはしっかり洗う、厚めに皮をむくことで農薬を減らすことができます。

 

無農薬野菜にも注意

農薬を使用していない野菜ができれば望ましいのですが、農薬なしで栽培されたものは高くなってしまいます。

廉価なもので農薬をできるだけ使用していない減農薬野菜がありますが、実際にどの程度農薬を使用しているのかはっきりわからないのが現状です。

減農薬野菜でもできるだけ水できれいに洗ったり、厚めに皮をむくといった対策が必要です。

無農薬野菜でも化学肥料を使用しているものがあります。

また他の農家から農薬が飛んできて野菜にかかってしまうこともあり得ます。

無農薬野菜でも実際には安心できないのが現実なのです。

そこでお勧めしたいのが有機JAS認定された野菜です。

これは一定期間以上農薬や化学肥料を使用していない土地で栽培された野菜に認定されるマークです。

このマークがついた野菜はとても貴重で、値段も高くなっています。

洗っても農薬を洗い流すことが難しいものは有機JAS認定された商品を選ぶといいのではないでしょうか。

農薬の影響をできるだけ受けていない野菜を毎日食べることによって、美肌は一層作られていきます。

 



人気ニキビケアランキング


1位ランキング バランシングライン
2位ランキング 大人のポツポツ専用サプリメント
3位ランキング 口コミで大ヒット!クレア


新着記事


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


ニキビの治し方



sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ