自律神経とニキビの関係

自律神経は交感神経と副交感神経からできており、両方の働きがしっかりとしていれば自律神経の乱れはなく健康を維持していくことができます。

最近では仕事上のストレスなどによって自律神経が乱れて各種の症状をひきおこしている方が増えてきているように思います。

交感神経は日中活動をしている時に働く神経で、副交感神経は睡眠中に働く神経です。

ニキビができる原因として睡眠不足が挙げられますが、副交感神経がきちんと働いていないために睡眠が不十分でニキビができることがあります。

最近きちんと眠れていないという方は副交感神経の働きを正常化させるように改善していきましょう。

 

自律神経を働かせる栄養素

自律神経をしっかりと働かせるための栄養素は炭水化物です。

脳と自律神経はブドウ糖のみを必要としています。

栄養素の中でもブドウ糖を作りやすいのは炭水化物です。

ですから自律神経をしっかりと働かせて睡眠不足や不眠症にならないようにするためには炭水化物をきちんと摂取していかなければなりません。

ニキビができにくい体にしていくために、食事によって炭水化物を適量摂るようにしましょう。

最近ローカーボダイエットを行っている方も増えてきていますが、ニキビができない体には炭水化物も必要なのです。

過剰になるのは良くないですが、不足するのも同じくらい体にとって悪いことなのです。

 

寝る前の刺激をカットする

意外にも寝る前に音楽を聴いたりテレビを見ている方は多いようですが、最近寝つきが悪い、睡眠不足だという方は寝る前に刺激のある活動をしないように心掛けてみてください。

寝る前に音楽やテレビを見たりすると交感神経が活発になり、眠気が起こらなくなってしまいます。

睡眠不足や不眠症などによってニキビができやすくなってしまいます。

ニキビの原因は様々ありますが、睡眠不足も大きな原因なのです。

治療としてはぐっすり眠れるように環境を変えていくことも必要です。

寝る1時間前は音楽やテレビから離れるようにしてみてください。

アロマオイルなどを使用してリラックスできる環境を作るのもいい方法です。

アロマオイルではラベンダーなど熟睡効果のあるオイルを選択して香りを楽しむと神経も安定してきます。

またあまり体を動かしていない方は寝る前にゆっくりとストレッチをしてみるのもいいでしょう。

適度に体にストレスを与えることによって適度な疲労感を得ることができます。

そして深い眠りを得ることができます。

 



人気ニキビケアランキング


1位ランキング バランシングライン
2位ランキング 大人のポツポツ専用サプリメント
3位ランキング 口コミで大ヒット!クレア


新着記事


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


ニキビの治し方



sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ