紫外線はニキビの大きな原因

ニキビができてしまった時にやらなければならないことがあります。

美肌だけでなくニキビを悪化させる原因として挙げられるのが紫外線です。

肌の機能を衰えさせる紫外線をカットしてニキビを悪化させないようにしなければなりません。

また再度ニキビができないように肌の環境を改善していくことも大切です。

紫外線はまた活性酸素の活動を活発にする効果を持っています。

活性酸素はニキビとも関係が深いものですから、ニキビができないように紫外線から肌を守るようにしなければなりません。

 

紫外線から肌を守る

紫外線はできてしまったニキビに悪影響ですし、ニキビができやすい環境にもしてしまいますからできる限り浴びないようにすることが大切です。

紫外線の影響を受けないために必要なのが日焼け止めです。

日焼け止めは紫外線から肌を守るために必須のアイテムです。

ただし商品によっては肌にトラブルを引き起こしてしまいます。

トラブルとしてよくあるのが、アレルギーや刺激です。

かゆみが発生したり刺激が出て痛みなどが起こることがあります。

特に紫外線をカットするために配合されている紫外線吸収剤は刺激を感じやすいものです。

肌が敏感でアレルギーを起こしやすいという方は紫外線散乱剤を配合した商品を使用するようにしましょう。

日焼け止めは紫外線カットに有効ですが、これだけではまだ不十分といえます。

顔にニキビができやすい方は日焼け止めを使用するとニキビが悪化するかもしれませんし、日焼け止めを塗っていない部分は紫外線の影響を受けてしまいます。

ですから衣類や帽子などを利用して物理的に紫外線をカットすることも忘れないでください。

特に顔に紫外線を浴びないために帽子と日傘の利用は必須です。

 

紫外線によって活性酸素が活発化

紫外線は活性酸素を活発にする原因として知られるようになりました。

活性酸素が体内で活発になればDNAを損傷し、肌の衰えを促してしまいます。

ニキビができやすい体質にしてしまいますから注意が必要です。

ニキビは食生活とストレスが原因だと思っている方も多いでしょうが、活性酸素もその原因の1つといえます。

紫外線を浴びてしまった場合には活性酸素をできるだけ消失するために、抗酸化物質を体に取り入れていくことが必要です。

抗酸化物質とはお茶のカテキン、ワインなどに含まれるポリフェノール、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどです。

これらの抗酸化物質を多く摂取して活性酸素を消失するようにしていくのもニキビ予防に役立ちます。

 



人気ニキビケアランキング


1位ランキング バランシングライン
2位ランキング 大人のポツポツ専用サプリメント
3位ランキング 口コミで大ヒット!クレア


新着記事


WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


ニキビの治し方



sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ