車検で愛車は一体何をされているのか?

キーもないのに開く自動車のドア

自宅と駐車場の距離が100メートル程離れているあるユーザーは、車検に出す為に愛車を引き取りにきてもらいました。

この時、駐車場まで同行してメカニックにキーを渡しました。

その2日後、車検が済んだ自動車を納車しにきたメカニックは、駐車場に自動車を置いて、ユーザーの自宅に鍵を届け、車検費用の集金を行いました。

ここまでは問題ありません。

会社への帰り道、相棒の運転する車中にあって、今しがた納車した自動車の中に忘れ物(整備中に作業服で座る為、シートに油等が付かないようにするシートカバー)をしたことに気が付き、ユーザーの駐車場へと引き返しました。

その頃、ユーザー側でも、車検が終わって納車された自動車を100メートル離れた駐車場まで確認しに行き、車中に忘れ物があることに気付きます。

「明日にでも連絡して届けよう」と自宅に戻りました。

ところが、翌日になって、自動車の中にあったはずの忘れ物がぱっと消えてしまったのです。

勿論、自動車の鍵は全てきちんとかかっています。

 

車検で愛車は一体何をされているのか?

釈然としないユーザーがディーラーに問い合わせたところ、「忘れ物は昨日回収しました」というのです。

「鍵がかかっているのにどうして自動車のドアを開けられたのか」ユーザーの怒りは頂点に達しました。

朝一の電話を受けて慌てたのは工場長です。

思いがけないユーザーの怒りに困惑います。

自動車のドアロックほど簡単な仕組みの鍵はなく、メカニックにとっては水道の蛇口をひねるようなものです。

日常茶飯事ですから、軽い気持ちでユーザーの車から忘れ物とを持ち帰ってしまったのです。

一度納車した自動車の鍵を再度預かる手間をかけるのも面倒ですから、直接駐車場に言ってドアを開け、忘れ物を持ち帰ったのですが、悪気はありませんでした。

納得いかないのはユーザーです。

どうして鍵が無いのに自動車のドアを開けることができたのか、執拗に迫ります。

本当のことを白状するわけにもいきませんから、「弊社で販売している自動車は全てスペアキーを用意しております」と解説し、なんとかその場は収拾がつきましたが、「他人が愛車のスペアキーを持っていては安心できないから、新しい鍵と交換してくれ」という要求を受け、条件を飲まざるを得ませんでした。

最近の車の鍵は多少開けにくくなったものの、基本的な構造は変わりません。

自動車には貴重品を置かないということが最大の解決策です。

 

京都府の介護サービス情報をお探しなら無料介護サービスサイト「AnytenCare」!