車検には法定費用とほぼ等しい整備料金がかかる

車検には法定費用とほぼ等しい整備費用がかかる

2年に1度の車検整備については、セルシオでは92000円が料金の目安となっています。

クラウンでは85000円、マークⅡなら78500円、コロナは72900円、コルサで72200円となっています。

中には規定の部品代や油脂代、車検代行手数料等が含まれています。

安く済む場合もありますが、反対に高くなる場合もあります。

不都合のある箇所や消耗品等により金額が左右されます。

とは言っても、近年はメーカーの保証期間が3年間に延長される等、一段と信頼性が向上している為、高くなることは稀です。

車検においては、法定費用(重量税、自賠責保険、印紙代)が必要となります。

法定費用については整備費用とは異なり、先払いです。

法定費用の金額については、車検完了時に支払う整備費用とほとんど等しい金額と思って間違いありません。

セルシオなら89600円、クラウンなら89600円、マークⅡでは76000円、コロナは76000円、コルサで64400円となっています。

 

自動車は走行しなければ痛み、車検費用が高くなる

あまり走行しない自動車であれば車検費用が安く済むかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、逆に車検費用が高くつく場合があります。

2年ほど前、幸運にも宝くじに当たって8000万円手に入れたA氏は、自分はクラウン、奥さんにはコロナ、目に入れても痛くない可愛い娘にはコルサといった具合に、一人一台自動車を購入しました。

ですが、この可愛い娘は自動車があまり隙ではなく、初めての車検を迎えた時点で、自動車のメーターは100キロにも満たない走行距離でした。

走行しない自動車はクラッチがくっついてしまって自走することができなくなり、車検の為にレッカーで牽引されていきました。

これらはクラッチのオーバーホールで高くついた例です。

 

交換する必要の無い部品まで交換する車検整備

ディーラーで行われる車検整備については、メーカーによって定められた年数毎に各部品を交換することから、通常交換する必要のない部品まで交換されてしまい、料金が高くなります。

ですが、同じ車でも、アメリカ等に輸出されるそんなことはありません。

アメリカの車検制度については日本の「前整備痕検査」とは異なり、検査で指摘された箇所があった場合、その箇所を直す「前検査、後整備」が行われている為です。

 

地域最安値!デリバリー車検アーバン京都

点検・車検の前に車体の傷をチェックする

点検の日時を明確に約束させる

東京トヨペットは日本の首都・東京においてトップの販売台数を誇るディーラーであり、今ある80前後の営業拠点を順次100店舗に展開する方針です。

勿論、トヨタが100%出資する子会社です。

狭い東京において、常に月間販売台数10000台を目標としています。

セルシオやクラウン、マークⅡ等、利益率の高い高級車を取り扱っている為、他ディーラより利益率は高く、その甲斐もあって、高級車のクラウンが92年1月と2月、同社のベストセラーカーであるカローラを抜いてトップの登録台数を記録しました。

ところが、増加する一方の新車台数に対して、サービス工場の受け入れ体制については変わらず、飛び込みでは受け付けてもらえません。

自動車を丸一日預けなければならない状況です。

また、事前に予約を取らなければならないという歯医者なみの態度も気に入りません。

この予約が非常にいい加減で、日程を決めても時間は午前もしくは午後の二つに一つという決め方ですから、同じ午後の予約でも、入庫が1時間違えば仕上がり時間も大幅に変わります。

予約当日については早いもの勝ちとなります。

このような状況では、なんの為の予約かよくわかりません。

 

車検に預ける前にフロントマン立会のもと車体の傷をチェックする

点検・車検の入庫に際しては、理不尽なことも発生しています。

多忙を理由とした工場側のミスにより、愛車が傷だらけになって帰ってくる場合があります。

多忙も理由には入るでしょうが、プロ意識に欠ける整備士が増えているということも無縁ではありません。

クレームをつけると、工場長ないしフロントマンからは「忙しいもので」と決まり文句が返ってきます。

「すみません」で済むなら世の中に警察は必要ありません。

自衛手段として、愛車を入庫する前に、必ずフロントマン立会のもと、自動車の周りをぐるっと回って、傷がないかどうかチェックしておきましょう。

特に傷がつきあすいホイールやドアエッジ等ボディの側面と、前後バンパーには注意しておきましょう。

 

整備費用のみで安心してはならない

ディーラーのサービスフロントでは整備料金一覧表が掲げられています。

東京トヨペットにおいては、セルシオでは6ヶ月点検が3100円、12ヶ月点検は15700円です。

クラウンでは2700円と13500円。

マークⅡなら2400円と11800円。

コロナは2200円と11200円となっています。

ただし、あくまでこれは基本料金ですから、目安に過ぎません。

年式や走行距離によって、交換部品や消耗品により、整備金額は跳ね上がります。

 

無料サイトAnytenGourmetで京都のグルメ情報を探す!

 

点検・車検の一切をフロントマンに委ねてはならない

6ヶ月法令点検、12ヶ月法令点検は不必要

現代にあって、国産車の品質及び性能、信頼度は世界的にみても高水準です。

余程古い車両でもないかぎり、滅多なことでは故障等起こるものではありません。

アメリカやヨーロッパ等の輸出先においても、この手のランキングにあっては常に上位に名を連ねています。

国産車の故障率の低さは実証済みです。

ですが、運輸省は整備業者と結託し、問題点が鬱積しているにも関わらず、べらぼうに高い車検制をを未だユーザーに押し付けています。

日本においては廃車扱いとなるような、目もくれないようなおんぼろの自動車が、寄港したソ連(現ロシア)の漁船のよって取引され、日本の比ではない冬のロシアの寒中を現役で走行しているのです。

運輸省はこの現実をどう捉えているのか、車検が本当に必要とされているのか、わからないはずはありません。

 

点検ステッカーを貼る必要は無い

私のところにも、「自分で点検を実施したいと考えているのですが、その場合、点検済のステッカーはどこで入手すれば良いのでしょうか?」といった問い合わせが寄せられます。

車検の四角いステッカーと異なり、フロントウインドウに貼られる法令点検を実施したことを示す丸いステッカーについては、貼ることを義務付けられてはいません。

すなわち法的な強制力は存在せず、貼らなかったとしても何の罰則もありません。

自分で実施した点検の結果さえちゃんと点検記録簿に記載してあれば、それで問題ありません。

 

車検・点検をフロントマンに任せてはいけない

景気が後退気味にあるにも関わらず、人気の高い車は売れています。

その為、サービス部門は商売繁盛、景気が良いのです。

何故でしょうか?

法令点検の案内ハガキに促されるまま、鴨がネギを背負って、ディーラーへと自動車を持ち込んでくる為です。

点検に出す際には騙されないように注意が必要です。

肝心なことは、相手に全て委ねないということです。

すなわち、エンジンオイルの交換は行わなくてもよい、ウインドウウォッシャー液を勝手に入れるな等、明確に伝えることです。

また、作業中に交換を要する部品が見つかった場合、作業を行なう前に必ず連絡を寄越すように確認してください。

事後承諾の場合、料金を支払わないと伝えるのです。

加えて、引き取りの際には、整備代を支払うより前に、交換した古い部品と、その説明をフロントマンから必ず受けることです。

 

京都府の求人情報 無料で求人を探すならAnytenRecruit

 

車検で愛車は一体何をされているのか?

キーもないのに開く自動車のドア

自宅と駐車場の距離が100メートル程離れているあるユーザーは、車検に出す為に愛車を引き取りにきてもらいました。

この時、駐車場まで同行してメカニックにキーを渡しました。

その2日後、車検が済んだ自動車を納車しにきたメカニックは、駐車場に自動車を置いて、ユーザーの自宅に鍵を届け、車検費用の集金を行いました。

ここまでは問題ありません。

会社への帰り道、相棒の運転する車中にあって、今しがた納車した自動車の中に忘れ物(整備中に作業服で座る為、シートに油等が付かないようにするシートカバー)をしたことに気が付き、ユーザーの駐車場へと引き返しました。

その頃、ユーザー側でも、車検が終わって納車された自動車を100メートル離れた駐車場まで確認しに行き、車中に忘れ物があることに気付きます。

「明日にでも連絡して届けよう」と自宅に戻りました。

ところが、翌日になって、自動車の中にあったはずの忘れ物がぱっと消えてしまったのです。

勿論、自動車の鍵は全てきちんとかかっています。

 

車検で愛車は一体何をされているのか?

釈然としないユーザーがディーラーに問い合わせたところ、「忘れ物は昨日回収しました」というのです。

「鍵がかかっているのにどうして自動車のドアを開けられたのか」ユーザーの怒りは頂点に達しました。

朝一の電話を受けて慌てたのは工場長です。

思いがけないユーザーの怒りに困惑います。

自動車のドアロックほど簡単な仕組みの鍵はなく、メカニックにとっては水道の蛇口をひねるようなものです。

日常茶飯事ですから、軽い気持ちでユーザーの車から忘れ物とを持ち帰ってしまったのです。

一度納車した自動車の鍵を再度預かる手間をかけるのも面倒ですから、直接駐車場に言ってドアを開け、忘れ物を持ち帰ったのですが、悪気はありませんでした。

納得いかないのはユーザーです。

どうして鍵が無いのに自動車のドアを開けることができたのか、執拗に迫ります。

本当のことを白状するわけにもいきませんから、「弊社で販売している自動車は全てスペアキーを用意しております」と解説し、なんとかその場は収拾がつきましたが、「他人が愛車のスペアキーを持っていては安心できないから、新しい鍵と交換してくれ」という要求を受け、条件を飲まざるを得ませんでした。

最近の車の鍵は多少開けにくくなったものの、基本的な構造は変わりません。

自動車には貴重品を置かないということが最大の解決策です。

 

京都府の介護サービス情報をお探しなら無料介護サービスサイト「AnytenCare」!

 

車検で預かったユーザーの車を旅行で酔っぱらい運転

車検で預かった車を酔っぱらい運転

ホンダディーラーでの法令点検後、どうしてかフラフラしてまっすぐ走行しない車をなんとか車庫に入れて車を見回すと、フロントホイールがまるで骨折したかのように斜めになっていたのです。

4本のホイールナットが緩んでいました。

というよりも、メカニックが手で仮締めした状態で、レンチで締めるのを忘れていました。

その為、ホイール側の穴はホイールナットより大幅に削られており、気がつかないまま走行し続けていれば、あやうくホイールが外れるところでした。

前輪ですから、走行中に外れた場合、大事故に結びつく危険性がありました。

ブレーキパッドの交換を行なう為に、ホイールを外した際のケアレス・ミスです。

 

工場の不始末を内緒で直す

片方の前輪を失ったゴルフ・カブリオレは前のめりになり、フロントエプロン、フロントバンパー、フロントフェンダー、ブレーキローター等、あちらこちらに大きなダメージを与え、半回転しながら停止。

当然、自動車は板金修理を行わなければならないほどの損傷を受けています。

ですが、ユーザーに黙って直せるほどの傷ではありません。

いつまでも隠し通せるものではありませんから、ユーザーに正直に説明したところ、ユーザーは納得がいきません。

結局、この自動車については、乗り続ける限り、全ての整備を無料で実施することを約束したと言います。

表沙汰にはなっていませんが、類似する事故は頻発しています。

工場内でこすったドア、フェンダーをユーザーに黙って塗装し直す等は朝飯前、預ける前の点検が如何に重要かおわかりいただけるでしょう。

 

ユーザーの車で酒酔い運転

前輪のナットを締め忘れたホンダディーラーにあっては、まだまだ様々な武勇伝が存在します。

40km/hで走行中、アクセルを踏んで加速するとフロント足回りから異音が鳴るというアコードを預かった工場長ですが、ユーザーからは2週間の猶予をもらっていた為、週末の土日にかけて開催される社内旅行に乗って行くことにしました。

走行しなければ再現できない症状をチェックするという大義名分がありますから、一石二鳥です。

ところが、宴会で散々飲んでから、寝る前になり、普段会社帰りにするように、いつものラーメンが食べたくなって、数人の部下を誘って町まで出かける話がまとまりました。

タクシーを呼べば良いところを、会社から乗ってきた車を持ちだしたのです。

正常な神経であれば飲酒運転などを行わないでしょうが、旅先という気の緩みと、アルコールが入っているということもあり、工場長自らハンドルを握ったのです。

車検・交換不要の部品まで交換する業者

車検で交換不要の部品まで交換する業者

ベンツの車検を取り扱っているヤナセでは、定食屋のメニューのように、決まった車検セットが用意されています。

この車検セットでは、ユーザーにとって交換の必要がないものまで交換が行われるとの声が散見されています。

たとえユーザーが車検前日のエンジンオイル交換を行っていたとしても、車検整備の際には有無を言わさず交換が行われたと言います。

ベンツ側にはどのような言い分があったのでしょうか?

ベンツ等の高級車に関しては、多くは会社名義となっており、維持費の全てが経費となりますから、文句をつける人が少ないのかもしれませんが、過剰整備には変わりません。

また、国産車であっても類似した行いがなされています。

過剰整備であれば、バリュー・フォー・マネーという意味合いにおいて、まだ納得することがdけいますが、全く何も行わずに費用をぼったくる悪質業者も存在します。

これは決して許せません。

整備に関与している人間であれば、現在の国産車がどれほど優秀なことか、素人以上に理解しています。

そこでおおよそ手をかけずに高い車検費用を騙し取っている業者が存在するのです。

制度の為の制度などはただちに撤廃するべきです。

 

ヤナセのディーラーでもミスをする

最早外車とは呼べないほど町中に溢れるフォルクスワーゲン・ゴルフのオープンカー、ゴルフ・カブリオレがヤナセの特約ディーラーに、法令点検を行なう為に入庫しました。

ブレーキパッドを交換する為にホイールを取り外して作業したまでは良いのですが、作業後、ホイールをはめたメカニックはナットを締め忘れてしまったのです。

どうしてかこの手のケアレスミスは絶えません。

このケースでは、車両をユーザーに渡す前にメカニックが試運転を行い、途中、タイヤが車を追い越すように転がっていきました。

転がったタイヤは幸い他者・歩行者に触れることなく止まった為大事には至らなかったものの、一歩間違えれば大事故になりかねない状況でした。

 

法令点検後タイヤがグラグラ

ホンダディーラーで12ヶ月法令点検を受けたユーザーは、ディーラーが自宅から徒歩5分の距離ですから、事前に予約をして、整備が修了する時間を見計らって車両を引き取りにいきました。

支払いを済ませた帰り道、ほんの1、2分の道程を走行するのにどうしてか車がフラフラとまっすぐ走りません。

ハンドルの遊びも大きくなっており、やけに動きが鈍い。

車検の実態 法令点検は本当に点検しているのか?

車検・法令点検では点検しているのか?

東京トヨペットからマークⅡを購入した自動車ユーザーの話を紹介しましょう。

毎回法令点検実施の案内ハガキに促されてサービス工場に愛車を入庫している(ディーラーにとってはおいしい)真面目なユーザーです。

ある時、自動車で出かける用事ができた為、愛車のキーをひねるのですが、エンジンがうんともすんとも反応しません。

前日に法令点検を済ませた矢先のことです。

これはおかしい、とホーンボタンを押してみると、やはり全くの無音。

当然、ライトも点灯しません。

バッテリー上がりの症状です。

念の為点検記録簿をチェックしてみたところ、バッテリー液量のチェック欄にはレ印がしっかりと付けられています。

ですが、ボンネットを開けてバッテリーを覗いてみると、バッテリー液量は下限ラインを下回っています。

ほとんどカラに近い状況です。

穴が空いているわけでもなく、わずか1日でバッテリー液がなくなるはずがありません。

つまり、点検を行っていないのに、あたかも点検したかのように記録がなされていたのです。

入庫のタイミングではエンジンは問題なく始動していたのですから、その時点でバッテリー液の補充を行っていれば、何の問題も起こらなかったのです。

 

ディーラーが責任のバッテリー上がりは新品と交換させる

多忙を理由としてずさんな点検を行ったこの東京トヨペットは、「すみません、バッテリーをスロー充電するので、一日預からせてください」と言ってきました。

急速充電はバッテリーに負担がかかりますから、スロー充電と言うあたりは、一見親切な対応に見えますが、騙されてはいけません。

自分の落ち度にも関わらず、代車を用意することもなく、一日自動車を預けろとは図々しいにもほどがあります。

一度上がってしまったバッテリーは、どんなに充電しても100%元の状態には戻りません。

本来バッテリーは消耗品であり、どんなに大事に使っていても3~4年で交換時期となります。

それを充電のみで免罪符としようからには、泥棒にも等しい行為と言えるでしょう。

私はここで、断固として、新品のバッテリーへの交換を要求することを助言しました。

責任者である工場長ははじめ躊躇ったようですが、2、3日後交換に応じました。

当たり前です。