車検には法定費用とほぼ等しい整備料金がかかる

車検には法定費用とほぼ等しい整備費用がかかる

2年に1度の車検整備については、セルシオでは92000円が料金の目安となっています。

クラウンでは85000円、マークⅡなら78500円、コロナは72900円、コルサで72200円となっています。

中には規定の部品代や油脂代、車検代行手数料等が含まれています。

安く済む場合もありますが、反対に高くなる場合もあります。

不都合のある箇所や消耗品等により金額が左右されます。

とは言っても、近年はメーカーの保証期間が3年間に延長される等、一段と信頼性が向上している為、高くなることは稀です。

車検においては、法定費用(重量税、自賠責保険、印紙代)が必要となります。

法定費用については整備費用とは異なり、先払いです。

法定費用の金額については、車検完了時に支払う整備費用とほとんど等しい金額と思って間違いありません。

セルシオなら89600円、クラウンなら89600円、マークⅡでは76000円、コロナは76000円、コルサで64400円となっています。

 

自動車は走行しなければ痛み、車検費用が高くなる

あまり走行しない自動車であれば車検費用が安く済むかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、逆に車検費用が高くつく場合があります。

2年ほど前、幸運にも宝くじに当たって8000万円手に入れたA氏は、自分はクラウン、奥さんにはコロナ、目に入れても痛くない可愛い娘にはコルサといった具合に、一人一台自動車を購入しました。

ですが、この可愛い娘は自動車があまり隙ではなく、初めての車検を迎えた時点で、自動車のメーターは100キロにも満たない走行距離でした。

走行しない自動車はクラッチがくっついてしまって自走することができなくなり、車検の為にレッカーで牽引されていきました。

これらはクラッチのオーバーホールで高くついた例です。

 

交換する必要の無い部品まで交換する車検整備

ディーラーで行われる車検整備については、メーカーによって定められた年数毎に各部品を交換することから、通常交換する必要のない部品まで交換されてしまい、料金が高くなります。

ですが、同じ車でも、アメリカ等に輸出されるそんなことはありません。

アメリカの車検制度については日本の「前整備痕検査」とは異なり、検査で指摘された箇所があった場合、その箇所を直す「前検査、後整備」が行われている為です。

 

地域最安値!デリバリー車検アーバン京都

車検で愛車は一体何をされているのか?

キーもないのに開く自動車のドア

自宅と駐車場の距離が100メートル程離れているあるユーザーは、車検に出す為に愛車を引き取りにきてもらいました。

この時、駐車場まで同行してメカニックにキーを渡しました。

その2日後、車検が済んだ自動車を納車しにきたメカニックは、駐車場に自動車を置いて、ユーザーの自宅に鍵を届け、車検費用の集金を行いました。

ここまでは問題ありません。

会社への帰り道、相棒の運転する車中にあって、今しがた納車した自動車の中に忘れ物(整備中に作業服で座る為、シートに油等が付かないようにするシートカバー)をしたことに気が付き、ユーザーの駐車場へと引き返しました。

その頃、ユーザー側でも、車検が終わって納車された自動車を100メートル離れた駐車場まで確認しに行き、車中に忘れ物があることに気付きます。

「明日にでも連絡して届けよう」と自宅に戻りました。

ところが、翌日になって、自動車の中にあったはずの忘れ物がぱっと消えてしまったのです。

勿論、自動車の鍵は全てきちんとかかっています。

 

車検で愛車は一体何をされているのか?

釈然としないユーザーがディーラーに問い合わせたところ、「忘れ物は昨日回収しました」というのです。

「鍵がかかっているのにどうして自動車のドアを開けられたのか」ユーザーの怒りは頂点に達しました。

朝一の電話を受けて慌てたのは工場長です。

思いがけないユーザーの怒りに困惑います。

自動車のドアロックほど簡単な仕組みの鍵はなく、メカニックにとっては水道の蛇口をひねるようなものです。

日常茶飯事ですから、軽い気持ちでユーザーの車から忘れ物とを持ち帰ってしまったのです。

一度納車した自動車の鍵を再度預かる手間をかけるのも面倒ですから、直接駐車場に言ってドアを開け、忘れ物を持ち帰ったのですが、悪気はありませんでした。

納得いかないのはユーザーです。

どうして鍵が無いのに自動車のドアを開けることができたのか、執拗に迫ります。

本当のことを白状するわけにもいきませんから、「弊社で販売している自動車は全てスペアキーを用意しております」と解説し、なんとかその場は収拾がつきましたが、「他人が愛車のスペアキーを持っていては安心できないから、新しい鍵と交換してくれ」という要求を受け、条件を飲まざるを得ませんでした。

最近の車の鍵は多少開けにくくなったものの、基本的な構造は変わりません。

自動車には貴重品を置かないということが最大の解決策です。

 

京都府の介護サービス情報をお探しなら無料介護サービスサイト「AnytenCare」!