車検には法定費用とほぼ等しい整備料金がかかる

車検には法定費用とほぼ等しい整備費用がかかる

2年に1度の車検整備については、セルシオでは92000円が料金の目安となっています。

クラウンでは85000円、マークⅡなら78500円、コロナは72900円、コルサで72200円となっています。

中には規定の部品代や油脂代、車検代行手数料等が含まれています。

安く済む場合もありますが、反対に高くなる場合もあります。

不都合のある箇所や消耗品等により金額が左右されます。

とは言っても、近年はメーカーの保証期間が3年間に延長される等、一段と信頼性が向上している為、高くなることは稀です。

車検においては、法定費用(重量税、自賠責保険、印紙代)が必要となります。

法定費用については整備費用とは異なり、先払いです。

法定費用の金額については、車検完了時に支払う整備費用とほとんど等しい金額と思って間違いありません。

セルシオなら89600円、クラウンなら89600円、マークⅡでは76000円、コロナは76000円、コルサで64400円となっています。

 

自動車は走行しなければ痛み、車検費用が高くなる

あまり走行しない自動車であれば車検費用が安く済むかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、逆に車検費用が高くつく場合があります。

2年ほど前、幸運にも宝くじに当たって8000万円手に入れたA氏は、自分はクラウン、奥さんにはコロナ、目に入れても痛くない可愛い娘にはコルサといった具合に、一人一台自動車を購入しました。

ですが、この可愛い娘は自動車があまり隙ではなく、初めての車検を迎えた時点で、自動車のメーターは100キロにも満たない走行距離でした。

走行しない自動車はクラッチがくっついてしまって自走することができなくなり、車検の為にレッカーで牽引されていきました。

これらはクラッチのオーバーホールで高くついた例です。

 

交換する必要の無い部品まで交換する車検整備

ディーラーで行われる車検整備については、メーカーによって定められた年数毎に各部品を交換することから、通常交換する必要のない部品まで交換されてしまい、料金が高くなります。

ですが、同じ車でも、アメリカ等に輸出されるそんなことはありません。

アメリカの車検制度については日本の「前整備痕検査」とは異なり、検査で指摘された箇所があった場合、その箇所を直す「前検査、後整備」が行われている為です。

 

地域最安値!デリバリー車検アーバン京都

ディーラーのサービス車検とユーザー車検について

ユーザー車検について

「ユーザー車検」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ユーザーが自らの手で実施するユーザー車検ですが、ダメで元々と挑んでみれば、あまりにもあっさりと合格することになり、そして費用が非常に安価であることに踊ろうことになります。

よく、「たった2000円でユーザー車検ができる」といった情報が散見されますが、2000円で車検に通すことは不可能です。

どうしてかと言えば、法定費用のことを欠いているからです。

たとえユーザー車検であっても、法定費用については、整備工場で依頼した場合と同様の金額が必要となります。

このことを忘れてはなりません。

ですが、はじめての車検であれば整備費用をほとんど要しないことから、総合的に比較した場合、ディーラーで車検を行った場合のおよそ半額ほどで車検が済む計算になることは魅力的です。

 

中古車市場に関して

バブル経済の崩壊に伴い、新車市場には陰りが見えはじめていますが、未だに活気を呈しているのが中古車市場です。

店頭において販売されている自動車も従来とは異なり、高級車をはじめとした新しい年式のモデルが多いことが特徴となっています。

ただし、中古車を選択するに際しても注意を払わなければなりません。

確かな選択眼を持っていなければ、買ってから痛い目にあうケースも少なくありません。

外観については板金塗装技術の発展によって事故の痕等判断できず、見ただけではわかりません。

加えて、一時話題となったメーター巻き戻しによる走行距離のごまかしについても、逮捕者が出る等表面的には収まりを見せたものの、裏では未だ行われているという現実があります。

大小の傷はあった方が中古車としては真実味が有ります。

綺麗な外観やオドメーター等は、何の判断基準にもならないということを理解するべきです。

ちょっとしたテクニックを覚えることで、これらのトラブルは予防できますし、損をすることも未然に防ぐことができます。

毎月のように登場する新車から一台を購入するに際しては迷いも生じるでしょうが、自分が気に入ったモデルを選択する方が良いでしょう。

数百万円単位の買い物ですから、自動車評論家の意見に揺さぶられて公開してもはじまりません。

ところが、評論家の言葉を鵜呑みにしてしまうユーザーは少なくありません。

どうして自分が買った車と評論家の乗る車では性能に違いがでるのでしょうか?

評論家が乗る試乗車については、広報チューンが施されているのが主な原因です。

評論家の言はあくまで参考程度にとどめてくことが賢い方法なのです。