車検には法定費用とほぼ等しい整備料金がかかる

車検には法定費用とほぼ等しい整備費用がかかる

2年に1度の車検整備については、セルシオでは92000円が料金の目安となっています。

クラウンでは85000円、マークⅡなら78500円、コロナは72900円、コルサで72200円となっています。

中には規定の部品代や油脂代、車検代行手数料等が含まれています。

安く済む場合もありますが、反対に高くなる場合もあります。

不都合のある箇所や消耗品等により金額が左右されます。

とは言っても、近年はメーカーの保証期間が3年間に延長される等、一段と信頼性が向上している為、高くなることは稀です。

車検においては、法定費用(重量税、自賠責保険、印紙代)が必要となります。

法定費用については整備費用とは異なり、先払いです。

法定費用の金額については、車検完了時に支払う整備費用とほとんど等しい金額と思って間違いありません。

セルシオなら89600円、クラウンなら89600円、マークⅡでは76000円、コロナは76000円、コルサで64400円となっています。

 

自動車は走行しなければ痛み、車検費用が高くなる

あまり走行しない自動車であれば車検費用が安く済むかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、逆に車検費用が高くつく場合があります。

2年ほど前、幸運にも宝くじに当たって8000万円手に入れたA氏は、自分はクラウン、奥さんにはコロナ、目に入れても痛くない可愛い娘にはコルサといった具合に、一人一台自動車を購入しました。

ですが、この可愛い娘は自動車があまり隙ではなく、初めての車検を迎えた時点で、自動車のメーターは100キロにも満たない走行距離でした。

走行しない自動車はクラッチがくっついてしまって自走することができなくなり、車検の為にレッカーで牽引されていきました。

これらはクラッチのオーバーホールで高くついた例です。

 

交換する必要の無い部品まで交換する車検整備

ディーラーで行われる車検整備については、メーカーによって定められた年数毎に各部品を交換することから、通常交換する必要のない部品まで交換されてしまい、料金が高くなります。

ですが、同じ車でも、アメリカ等に輸出されるそんなことはありません。

アメリカの車検制度については日本の「前整備痕検査」とは異なり、検査で指摘された箇所があった場合、その箇所を直す「前検査、後整備」が行われている為です。

 

地域最安値!デリバリー車検アーバン京都

点検・車検の前に車体の傷をチェックする

点検の日時を明確に約束させる

東京トヨペットは日本の首都・東京においてトップの販売台数を誇るディーラーであり、今ある80前後の営業拠点を順次100店舗に展開する方針です。

勿論、トヨタが100%出資する子会社です。

狭い東京において、常に月間販売台数10000台を目標としています。

セルシオやクラウン、マークⅡ等、利益率の高い高級車を取り扱っている為、他ディーラより利益率は高く、その甲斐もあって、高級車のクラウンが92年1月と2月、同社のベストセラーカーであるカローラを抜いてトップの登録台数を記録しました。

ところが、増加する一方の新車台数に対して、サービス工場の受け入れ体制については変わらず、飛び込みでは受け付けてもらえません。

自動車を丸一日預けなければならない状況です。

また、事前に予約を取らなければならないという歯医者なみの態度も気に入りません。

この予約が非常にいい加減で、日程を決めても時間は午前もしくは午後の二つに一つという決め方ですから、同じ午後の予約でも、入庫が1時間違えば仕上がり時間も大幅に変わります。

予約当日については早いもの勝ちとなります。

このような状況では、なんの為の予約かよくわかりません。

 

車検に預ける前にフロントマン立会のもと車体の傷をチェックする

点検・車検の入庫に際しては、理不尽なことも発生しています。

多忙を理由とした工場側のミスにより、愛車が傷だらけになって帰ってくる場合があります。

多忙も理由には入るでしょうが、プロ意識に欠ける整備士が増えているということも無縁ではありません。

クレームをつけると、工場長ないしフロントマンからは「忙しいもので」と決まり文句が返ってきます。

「すみません」で済むなら世の中に警察は必要ありません。

自衛手段として、愛車を入庫する前に、必ずフロントマン立会のもと、自動車の周りをぐるっと回って、傷がないかどうかチェックしておきましょう。

特に傷がつきあすいホイールやドアエッジ等ボディの側面と、前後バンパーには注意しておきましょう。

 

整備費用のみで安心してはならない

ディーラーのサービスフロントでは整備料金一覧表が掲げられています。

東京トヨペットにおいては、セルシオでは6ヶ月点検が3100円、12ヶ月点検は15700円です。

クラウンでは2700円と13500円。

マークⅡなら2400円と11800円。

コロナは2200円と11200円となっています。

ただし、あくまでこれは基本料金ですから、目安に過ぎません。

年式や走行距離によって、交換部品や消耗品により、整備金額は跳ね上がります。

 

無料サイトAnytenGourmetで京都のグルメ情報を探す!

 

車検・毎回カラになるガソリンタンクの謎

酔っ払った工場長が運転するユーザーから預かったアコードは、数キロも走行しない内に、ハンドル操作を誤って事故を起こしました。

 

ユーザーに内緒で修理・何食わぬ顔

群馬県の山奥での出来事でしたから、単独事故となり、他車を巻き込むことはありませんでした。

警察沙汰ともなりませんでした。

同乗者ないし第三者の怪我もなく、人身事故に至らなかったことは不幸中の幸いと呼ぶべきですが、この事故の発生によって社員旅行はすぐさま中止。

翌日、会社に戻った工場長はその場で解雇となりました。

トカゲの尻尾切りです。

ですが、当然、これで問題が解決するわけではありません。

預かっていたユーザーの自動車はどうなるのでしょうか。

普段しているように、預かり期間の内に内緒でなんとか板金修理を行なうにしても、角柱が曲がっており、ほとんど全損に近い潰れ方でしたから、これは不可能でした。

そこで、同年式の自動車の中から、ほとんど同じ走行距離、程度の同じ自動車を自社の中古車センターから発見して、なんとかユーザーに納得してもらおうということになりましたが、代わりの自動車がもらえるとは言っても、愛車を全損されて、一方的に押し付けられた話にすんなりと納得するわけにはいかないユーザーでしたが、以降の整備費用を無料にすることを書面で約束し、ようやく手を打ちました。

 

毎回カラになるガソリンタンクの謎

十数年前、沢田研二を採用したテレビCMで久々の大ヒットモデルとなったブルーバードを購入した際、東京日産においても類似の体験をしました。

納車された自動車は、粗製濫造の典型的なものでした。

フロントフェンダーはズレて取り付けられており、フロントウインドウからは走行中常に笛吹音がなり、事故車と見紛う酷さでうs。

フェンダーについてはボルトを締めて取り付け位置を修正し、笛吹音に関しては空洞となっていた箇所に接着剤を詰めて一先ずの解決としました。

ですが、工場長は「製造ラインが多忙な為に、細かなことが目立っただけで、性能に違いはない」と突っ張ります。

何百台と取り扱う自動車の中のたった一台と油断したのでしょうが、ユーザーにとっては、大切な一台の愛車だということを忘れています。

加えて、修理に出す度に、満タンにしておいたガソリンタンクがカラになって納車されるのです。

整備士が毎回タンクからガソリンを抜き取っているのではないかと思えてなりません。

 

京都府の美容室情報なら無料美容情報サイト「AnytenBeauty」!