改造車を車検に通す方法を徹底解説!

改造車を車検に通すには?

 

今回は改造車を車検に通す方法

わかりやすく紹介させていただきます。

 

▼構造変更申請を行い、改造車を車検に通す

自動車が好きなオーナーの場合、

社外品のパーツを取り付ける、

いわゆる「改造」をする人も少なくありません。

 

ただし、改造のやり方によっては、

そのまま車検に持って行っても通らない場合があります。

 

改造車を車検に通す為には、

改造の内容に応じて

構造変更申請」を行わなければなりません。

 

業界では「公認車検」とも呼ばれます。

 

構造変更申請を行い、

保安基準を満たしていることが陸運局に認定されることで、

改造車であったとしても

堂々と公道を走行することが可能となります。

 

構造変更を行った場合、

車検証の形式欄に(改)と記載されます。

 

形式欄の(改)の記載は

保安基準を満たしている改造車であるという証となります。

 

▼改造が許されるのは「指定部品」のみ

自動車には「指定部品」が定められています。

 

指定部品とは、保安基準を満たしてることを条件に、

社外品にパーツ交換が可能な箇所のことです。

 

指定部品以外の箇所を社外品に交換した場合、

いわゆる「違法改造」となり、

当然車検に通すことは不可能です。

 

▼構造変更申請の手順

さて、構造変更申請の手順についてですが、

申請は管轄の陸運局で行うこととなります。

 

通常の継続検査とは異なり、

構造変更申請の際には

事前に書類審査を受けなければなりません。

 

書類審査に必要な書類は下記の通りです。

 

・車検証のコピー

・改造自動車等届出書

・改造等概要証明書

・改造箇所の添付書類

 

書類は陸運局で入手することができます。

 

加えて、交換したパーツに

車検対応証明書

保安基準適合書」等の書類があれば、

添付することで審査がよりスムーズになります。

 

構造変更の書類審査では厳重にチェックが行われる為、

できる限り詳細に記入しましょう。

 

書類審査にかかる時間については

地域や改造の具合によっても差がありますが、

一週間程度の時間を要します。

 

書類審査に合格した後は、

通常のユーザー車検と同様に受験の予約をして、

検査ラインに並んで検査を受けます。

 

検査で問題がなければ

改造の内容に対応した車検証が交付されます。

 

また、時間の都合等、

自分で構造変更申請することが困難な場合、

業者に代行を依頼することが可能です。

 

カスタムショップ等では

改造車に関する知識は豊富ですから、

代行費用はかかりますが、

より確実に車検を通すことができます。

 

▼構造変更申請の必要がない改造について

1995年以降、下記に当てはまるケースでは、

構造変更申請の必要がなくなりました。

 

・自動車部品を取り付けた時、寸法及び車両重量が規定の範囲内である場合

・自動車部品を溶接あるいはリベット以外の方法で取り付けた場合

 

保安基準を満たしていることが条件となりますが、

上記に当てはまるケースでは

構造変更申請を行う必要はありません。