ディーラーのサービス車検とユーザー車検について

ユーザー車検について

「ユーザー車検」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ユーザーが自らの手で実施するユーザー車検ですが、ダメで元々と挑んでみれば、あまりにもあっさりと合格することになり、そして費用が非常に安価であることに踊ろうことになります。

よく、「たった2000円でユーザー車検ができる」といった情報が散見されますが、2000円で車検に通すことは不可能です。

どうしてかと言えば、法定費用のことを欠いているからです。

たとえユーザー車検であっても、法定費用については、整備工場で依頼した場合と同様の金額が必要となります。

このことを忘れてはなりません。

ですが、はじめての車検であれば整備費用をほとんど要しないことから、総合的に比較した場合、ディーラーで車検を行った場合のおよそ半額ほどで車検が済む計算になることは魅力的です。

 

中古車市場に関して

バブル経済の崩壊に伴い、新車市場には陰りが見えはじめていますが、未だに活気を呈しているのが中古車市場です。

店頭において販売されている自動車も従来とは異なり、高級車をはじめとした新しい年式のモデルが多いことが特徴となっています。

ただし、中古車を選択するに際しても注意を払わなければなりません。

確かな選択眼を持っていなければ、買ってから痛い目にあうケースも少なくありません。

外観については板金塗装技術の発展によって事故の痕等判断できず、見ただけではわかりません。

加えて、一時話題となったメーター巻き戻しによる走行距離のごまかしについても、逮捕者が出る等表面的には収まりを見せたものの、裏では未だ行われているという現実があります。

大小の傷はあった方が中古車としては真実味が有ります。

綺麗な外観やオドメーター等は、何の判断基準にもならないということを理解するべきです。

ちょっとしたテクニックを覚えることで、これらのトラブルは予防できますし、損をすることも未然に防ぐことができます。

毎月のように登場する新車から一台を購入するに際しては迷いも生じるでしょうが、自分が気に入ったモデルを選択する方が良いでしょう。

数百万円単位の買い物ですから、自動車評論家の意見に揺さぶられて公開してもはじまりません。

ところが、評論家の言葉を鵜呑みにしてしまうユーザーは少なくありません。

どうして自分が買った車と評論家の乗る車では性能に違いがでるのでしょうか?

評論家が乗る試乗車については、広報チューンが施されているのが主な原因です。

評論家の言はあくまで参考程度にとどめてくことが賢い方法なのです。