車検の実態 法令点検は本当に点検しているのか?

車検・法令点検では点検しているのか?

東京トヨペットからマークⅡを購入した自動車ユーザーの話を紹介しましょう。

毎回法令点検実施の案内ハガキに促されてサービス工場に愛車を入庫している(ディーラーにとってはおいしい)真面目なユーザーです。

ある時、自動車で出かける用事ができた為、愛車のキーをひねるのですが、エンジンがうんともすんとも反応しません。

前日に法令点検を済ませた矢先のことです。

これはおかしい、とホーンボタンを押してみると、やはり全くの無音。

当然、ライトも点灯しません。

バッテリー上がりの症状です。

念の為点検記録簿をチェックしてみたところ、バッテリー液量のチェック欄にはレ印がしっかりと付けられています。

ですが、ボンネットを開けてバッテリーを覗いてみると、バッテリー液量は下限ラインを下回っています。

ほとんどカラに近い状況です。

穴が空いているわけでもなく、わずか1日でバッテリー液がなくなるはずがありません。

つまり、点検を行っていないのに、あたかも点検したかのように記録がなされていたのです。

入庫のタイミングではエンジンは問題なく始動していたのですから、その時点でバッテリー液の補充を行っていれば、何の問題も起こらなかったのです。

 

ディーラーが責任のバッテリー上がりは新品と交換させる

多忙を理由としてずさんな点検を行ったこの東京トヨペットは、「すみません、バッテリーをスロー充電するので、一日預からせてください」と言ってきました。

急速充電はバッテリーに負担がかかりますから、スロー充電と言うあたりは、一見親切な対応に見えますが、騙されてはいけません。

自分の落ち度にも関わらず、代車を用意することもなく、一日自動車を預けろとは図々しいにもほどがあります。

一度上がってしまったバッテリーは、どんなに充電しても100%元の状態には戻りません。

本来バッテリーは消耗品であり、どんなに大事に使っていても3~4年で交換時期となります。

それを充電のみで免罪符としようからには、泥棒にも等しい行為と言えるでしょう。

私はここで、断固として、新品のバッテリーへの交換を要求することを助言しました。

責任者である工場長ははじめ躊躇ったようですが、2、3日後交換に応じました。

当たり前です。

ディーラーのサービス車検とユーザー車検について

ユーザー車検について

「ユーザー車検」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ユーザーが自らの手で実施するユーザー車検ですが、ダメで元々と挑んでみれば、あまりにもあっさりと合格することになり、そして費用が非常に安価であることに踊ろうことになります。

よく、「たった2000円でユーザー車検ができる」といった情報が散見されますが、2000円で車検に通すことは不可能です。

どうしてかと言えば、法定費用のことを欠いているからです。

たとえユーザー車検であっても、法定費用については、整備工場で依頼した場合と同様の金額が必要となります。

このことを忘れてはなりません。

ですが、はじめての車検であれば整備費用をほとんど要しないことから、総合的に比較した場合、ディーラーで車検を行った場合のおよそ半額ほどで車検が済む計算になることは魅力的です。

 

中古車市場に関して

バブル経済の崩壊に伴い、新車市場には陰りが見えはじめていますが、未だに活気を呈しているのが中古車市場です。

店頭において販売されている自動車も従来とは異なり、高級車をはじめとした新しい年式のモデルが多いことが特徴となっています。

ただし、中古車を選択するに際しても注意を払わなければなりません。

確かな選択眼を持っていなければ、買ってから痛い目にあうケースも少なくありません。

外観については板金塗装技術の発展によって事故の痕等判断できず、見ただけではわかりません。

加えて、一時話題となったメーター巻き戻しによる走行距離のごまかしについても、逮捕者が出る等表面的には収まりを見せたものの、裏では未だ行われているという現実があります。

大小の傷はあった方が中古車としては真実味が有ります。

綺麗な外観やオドメーター等は、何の判断基準にもならないということを理解するべきです。

ちょっとしたテクニックを覚えることで、これらのトラブルは予防できますし、損をすることも未然に防ぐことができます。

毎月のように登場する新車から一台を購入するに際しては迷いも生じるでしょうが、自分が気に入ったモデルを選択する方が良いでしょう。

数百万円単位の買い物ですから、自動車評論家の意見に揺さぶられて公開してもはじまりません。

ところが、評論家の言葉を鵜呑みにしてしまうユーザーは少なくありません。

どうして自分が買った車と評論家の乗る車では性能に違いがでるのでしょうか?

評論家が乗る試乗車については、広報チューンが施されているのが主な原因です。

評論家の言はあくまで参考程度にとどめてくことが賢い方法なのです。

車検・整備 愛車を悪質業者から保護しよう

愛車を悪質車検業者から保護しよう

自分の車は自分で守るしかありません。

燃料給油を目的として立ち寄るガソリンスタンドをはじめとして、6ヶ月、12ヶ月の法令点検や、二年目の車検等で入庫するディーラーのサービス工場等、日頃何気なく活用している場所で、知らない内に大事な愛車が傷つけられていることにオーナーは気付いていません。

とりわけ、整備の技術力不足に有るディーラーのサービス工場にあって顕著な傾向にあります。

これは人手不足によりプロフェッショナルとしての自覚に欠ける素人整備士が増加していることと無関係ではありません。

愛車を工場に預けるにあたっては、予め傷の有無を確認しておくことが肝要です。

でなければ、バンパーのこすり傷一つにしても水かけ論に終始し、有耶無耶となってしまう可能性が高いのです。

日進月歩と言われる自動車技術の発展に整備士の腕が追いついていない、というよりも、匠の技が不要とされる時代に入っているのです。

コンピューターが導入されたことにより、車そのものがブラックボックスと化していることから、整備に際して職人気質は無用となり、如何に効率よく部品を交換することができるかどうかが重要な課題となっているのです。

かつては部分的な修理で住んだものが、今ではアッセンブリーでまるごと交換、技術力を有していなくとも整備が可能なのです。

この方が時間も短縮され、ユーザーにとってメリットと思えるかもしれませんが、これが大きな誤りなのです。

ユーザーが負担する費用もいつの間にか増加しているのです。

技術力が不必要ということであれば、整備ミスが生じるわけがないのですが、ユーザーにとっては愛車でも、一つの機械としか認識していない彼らは、多忙であることを隠れ蓑として、商品である自動車を、影では雑に扱っているのです。

理想は、かかりつけ医と同様に、良心的なサービス向上ないし整備士に巡り合うことで、信頼関係を構築し、豊かなカーライフを送ることができるのですが、現状、さほど期待はもてません。

勿論、一切のサービス工場が酷いわけではありません。

中には良心的な整備士も存在しますし、そちらの方が多いでしょう。

点検や車検の整備を依頼するにあたって、フロントマンに流されることなく、不具合や症状を詳細に説明し、必要な箇所のみを修理してもらうことです。

任せっぱなしにしていると、請求書を見た時に、その金額に目が飛び出ることになります。

これからは、ユーザーも車のことを勉強しなければならない時代となったのです。

他人任せのカーライフはもう古いのです。

・▲被リンククレジットカード ランキングハイローオーストラリアスパイダーズX a610