車検には法定費用とほぼ等しい整備料金がかかる

車検には法定費用とほぼ等しい整備費用がかかる

2年に1度の車検整備については、セルシオでは92000円が料金の目安となっています。

クラウンでは85000円、マークⅡなら78500円、コロナは72900円、コルサで72200円となっています。

中には規定の部品代や油脂代、車検代行手数料等が含まれています。

安く済む場合もありますが、反対に高くなる場合もあります。

不都合のある箇所や消耗品等により金額が左右されます。

とは言っても、近年はメーカーの保証期間が3年間に延長される等、一段と信頼性が向上している為、高くなることは稀です。

車検においては、法定費用(重量税、自賠責保険、印紙代)が必要となります。

法定費用については整備費用とは異なり、先払いです。

法定費用の金額については、車検完了時に支払う整備費用とほとんど等しい金額と思って間違いありません。

セルシオなら89600円、クラウンなら89600円、マークⅡでは76000円、コロナは76000円、コルサで64400円となっています。

 

自動車は走行しなければ痛み、車検費用が高くなる

あまり走行しない自動車であれば車検費用が安く済むかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

むしろ、逆に車検費用が高くつく場合があります。

2年ほど前、幸運にも宝くじに当たって8000万円手に入れたA氏は、自分はクラウン、奥さんにはコロナ、目に入れても痛くない可愛い娘にはコルサといった具合に、一人一台自動車を購入しました。

ですが、この可愛い娘は自動車があまり隙ではなく、初めての車検を迎えた時点で、自動車のメーターは100キロにも満たない走行距離でした。

走行しない自動車はクラッチがくっついてしまって自走することができなくなり、車検の為にレッカーで牽引されていきました。

これらはクラッチのオーバーホールで高くついた例です。

 

交換する必要の無い部品まで交換する車検整備

ディーラーで行われる車検整備については、メーカーによって定められた年数毎に各部品を交換することから、通常交換する必要のない部品まで交換されてしまい、料金が高くなります。

ですが、同じ車でも、アメリカ等に輸出されるそんなことはありません。

アメリカの車検制度については日本の「前整備痕検査」とは異なり、検査で指摘された箇所があった場合、その箇所を直す「前検査、後整備」が行われている為です。

 

地域最安値!デリバリー車検アーバン京都