第一次反抗期

子供の成長には、大きく分けて二度の反抗期があります。

そのうちの最初が「イヤイヤ期」と呼ばれる第一次反抗期であり、3〜4歳頃に多く表れます。

この時期は何でも嫌がるようになり、ご飯を食べようと言えばイヤと言い、散歩でも買い物でも、全部イヤと言うようになります。

いわゆる「物心」がつく頃であり、自我が出てきている証拠です。

子供の物心は成長にしたがって自然とついてきますが、実際に反抗されてみると、親としては複雑な心境になります。

自分の提案にすべてNOと言われるのは、さすがに気持ちの良いものではありません。

愛する我が子でも、1から10までNOを突き付けられては、途方にくれてしまいます。

子供の成長を応援するためにも我慢しなければ…と冷静に対処していても、突然プッツンしたくなるのが人間です。

親も自分の欲を出し、子供を叱り飛ばしたり、手を挙げたり、脅すような言動をするなどして、子供を泣かせてしまうこともあるかもしれません。

第一次反抗期への対処法は、「一度受け入れて認めてあげる」こと。これがもっとも効果的です。

親にイヤイヤをした記憶がある方は、自分のどうしようもないイヤイヤに親がどんな対処をしてくれたかを思い出してみてください。

「わかったよ」と一度認めてくれた場合、自分の心が収まり、親の言うこともすんなりと聞けたと思います。

それと同じく、子供の自我を素直に認め、ゆるしてあげる心の広さを持つことが大事です。

 

育児 うつ

 

 

第二次反抗期

育児の中でも、大変さにおいては一位二位を争うと言われる、第二次反抗期。

いわゆる思春期のことです。

男の子も女の子も第二次反抗期は通らなければならないので、子供の親である以上反抗期は避けられません。

この時期に、他人を傷つけたり暴力をふるうなど、明らかに悪い行動を取る場合はきちんと叱り、反省させましょう。

犯罪行為や売春など、道に外れた行為についても親が善悪を教えなければなりません。

第二次反抗期中は、「人に認めてもらいたい」「自分はまだ子供、だがもう大人」という微妙なもどかしさの中に子供が置かれる時期です。

親に強烈に反抗したり、何を聞いても「うるさい」「うざい」など軽い返しであしらわれてしまうこともあります。

親の対応としては、子供の人格を尊重し、子供扱いをしないことが大切です。

きちんと善悪を判断できるしっかり者で、頼りにしているよと信頼を寄せてあげましょう。

口先だけではなく、実際に大人として扱うことが大切です。

いつまでも子供扱いしていると、子供自身も精神的な「親離れ」がしにくくなり、大人になりたい自分との間でジレンマを感じ続けることになりますので、思春期は特に注意が必要です。

 


育児グッズ


育児に疲れたら


女性らしく




スポンサードリンク

新規コメントの書き込み