母親と父親の役目は違うのかもしれない、私と夫の子供に対する接し方を比べてみるとそう感じることがたくさんあります。

確かに、自分が子供だったころを思い出すと、父から教わること、母から教わることは同じこともあったし違うこともありました。

だから、子育てのことで夫と意見が合わないことがあっても仕方がないのかな、と思いつつ、自分が思い描いているような子育てができていないと感じることは気持ち的に負担になっているような気がします。

子育てって大変だなあって思ってしまうのは、予想通りの子育てができないこと、夫と意見が食い違うことが原因にような気がします。

 

学生のころから付き合いのある友人たちとも相談しあったりしますが、子供の年齢が違うと悩みも違うので、ここは経験者の意見を聞きたいなあと先輩ママさんの意見を聞くことがあります。

どちらかというと、私の愚痴を聞いてもらうことのほうが多いような気もしますが・・・。

公園デビューの体験談を聞くと、気心知れたママ友ができたよという話もあれば、目に見えない派閥みたいのがあってちょっと大変という話も聞きます。

子供の年齢が近いママ友ができれば、ご近所さんだしお互いに色々相談し合えるのにと思いつつ、派閥とか面倒そうで怖いというイメージもあって、子育ての不安とママ友との関係に対する不安で頭の中がいっぱいです。

子育てのことはじっくり夫婦で話し合うのが一番いい、心の中にお互い溜まっていることがあるだろうからそれを打ち明けてみるといいらしいですね。

でも、自分の理想の子育てをイメージしているときは、それが正しいし子供のためになるはずって思い込んでいるので、夫の子育て論をしっかり受け入れられるのかなという不安もあります。

きっと逆もそうなんですよね。

男の人はあんまり口に出さないから、ここは話し合いの場を設けたほうが夫婦のためだし子供のためにもなりそうな気がしています。

 

育児 アンケート

 

今は子育て専門雑誌だけじゃなくて、ネットを見れば溢れんばかりの子育て情報があります。

「自分の考え方とは違うなあ」「自分の考え方に似ている」という線引きをしてきましたが、もしかしたら「そういう考え方もあるのね」という見方が出来るようになれば、夫の話を聞く余裕とか周りのアドバイスを素直に聞き入れることができるのかもしれません。

どちらにしても、ほんの少しでもいいから気持ちに余裕を持って子育てをしたい、そう思う毎日です。

自分の意識を替えることが一番の近道なのかもしれませんが・・・。

 


育児グッズ


育児に疲れたら


女性らしく




スポンサードリンク

新規コメントの書き込み