育児に関することは、昔に比べると沢山の情報収集手段があるのでどれも参考にしています。

できるだけ自分自身を追い込まないように、数あるオススメ育児法の中から、自分だったら実践できるかなと思うものや、こういう方法は是非試してみたいな、と思うものをお手本にしようと思っています。

もちろん、知り合いの先輩ママさんたちの話も頼りになるものが多くて、自分と性格が似ていたり、育児に対する考え方が似ていたりする話は特に参考にしています。

世代も違えば育児法も色々ありますし、昔に比べると便利な世の中になっているので、育児そのものは楽になってきているのかな、負担は減っているのかな、と現状に感謝しつつ育児に奮闘中です。

 

奮闘中の育児に関していろいろ悩みは尽きませんが、今いちばん頭が痛いのは姑のおせっかいなんです。

おせっかいと言うと姑に悪いのですが「そこまでしなくても」、と思うようなことまで世話を焼きたがるのです。

例えば子供の肌着や洋服です。

子供はスグに大きくなるから何枚あっても足りないのよ、という理由から、うちの子が生まれる直前に、なんと旦那が赤ちゃんのころに着ていた肌着やベビー服を持ってきたんです。

ちゃんと洗濯をして衣装ボックスに保管していたそうで、さらに我が家に持ってくる前にもう一度洗濯して持ってきたから綺麗なの、安心して、とのことです。

 

育児 うんざり

 

確かに、生まれてスグから数ヶ月はあっという間に大きくなって、次々に買い揃えないと間に合わないという話をはよく聞きます。

だからといって、旦那が着ていた20年以上も前の肌着やベビー服をわが子に着せるとなると、少し抵抗を感じました。

そのまま返すのは申し訳ないのでそのまま受け取りましたし、旦那が着ていたものを我が子が着るというのも、考えようによっては感動的な気もします。

別に潔癖症というわけでもないのですが、姑の好意を快く受け取れない私は鬼嫁なんでしょうか・・・。

友人に相談すると、子供が大きくなってくると必ず育児に口を出してくるから、今のうちに母親としての意見があること、考え方があることを伝えておくべきと言ってきます。

それが出来ないから悩んでいるんですよね。こういう悩みがどんどん募ってストレスにならないか、旦那に八つ当たりをしたくなったらどうしよう、と今から不安な気持ちでいっぱいです。

旦那の両親にしてみれば初孫で、私たち夫婦にとっても始めての子供。

それぞれに思いはあるので、もめることなくスムーズに育児を楽しむためにはどうしたらいいのか、いまだに答えがでないままです。

 
不妊症ローソン カード・▲被リンク貯金


育児グッズ


育児に疲れたら


女性らしく




スポンサードリンク

新規コメントの書き込み