婚活を始めた人は、その多くがまず結婚相談所や婚活サイト、

そして紹介所などに資料請求をしたり、ランキングや口コミなどでそれらを調べ、

気に入ったものに登録をします。

 

しかし、実はそののち、なんだか登録しただけで落ち着いてしまったり、

あるいは忙しくなってしまったりして、婚活への熱を失くしスローダウンしてしまう、

という人も意外と多いのです。

 

結婚相手をネットで探す

 

しかし、本当に結婚したいならこれは厳禁です。

 

なぜなら、スピードも婚活において必要とされる、極めて重要な要素だからです。

 

婚活はスピード勝負などと言われています。

 

1年以上婚活を続けていると、結婚相談所のカウンセラーからも辛辣なことを

言われるようになるかもしれません。

 

ただ、そのことを気にして、安易な相手で妥協するわけにもいきませんよね。

 

しかし、1年間、婚活をしているけど全く実を結ぶ気配がない、という方も、

けっして焦る必要はありません。

 

実は婚活1年目の成婚率は1〜2割程度なんだとか。

 

このことは逆にいえば、婚活1年めで結婚できないからといって、それは極めて普通のことだ、

ということです。

 

2年目から成功率も上がるので、頑張ってみましょう。

 

ただ、だからといって漫然と婚活を続けるのは禁物です。

 

「どんなにパーティーに参加しても、これは思う相手に巡り会えない」という方や、

また、「ひたすら面倒くさくなってきた」という方は、まず、自分の婚活について、

徹底的に見直し、今後の婚活に関して計画を立てなおしてみましょう。

 

たしかに婚活を1年続けていても、まだまだチャンスはなくなったわけではありませんが、

問題はまず自分のメンタルです。

 

婚活を面倒くさいルーティーンワークのようにこなしてしまっている自分に気づいたら要注意。

 

たとえばそれはパーティーで出会う人に興味が持てない、などのところにあらわれてくるのですが、

そのような状態になってしまったら、いちど婚活をお休みしてみるのもいいかもしれません。

 

ルーティーンワークとしておこなっていた婚活から離れて、まったくパーティーにも出ない、

婚活サイトで相手も探さない、という期間を過ごしてみるのです。

 

このような期間を設けることによって、もういちど自分にとって本当に必要な婚活を始める

再スタートを切るための準備期間にすることができます。

 

「でも、一旦お休みしたらもう二度と婚活を始めなさそうで怖い」という自覚がある方は、

「年が明けたら再開する」「決算期が終わったら再開する」などと再開の時期をあらかじめ決めた上で、

充電期間に入るとよいでしょう。

 

出会いがない

 

あなたに合った婚活サイトを探そう


コメントは受け付けていません。