どうにか結婚したくて友人などにも結婚相談をしているけれど、

なかなかいい相手が見つからない、という女性はけっこういます。

 

しかし、もう自分にはチャンスがない、とあきらめてしまう前に、

まずは原因について考えてみましょう。

 

そんな女性は、男性から敬遠されているかもしれません。

 

いったいどうして男性から敬遠されるのかというと、

まず、「婚活している女性」イコール「年収や容姿などに関して理想が高い」という

イメージを持たれてしまっていることが主な原因であるようです。

 

そのため、どうしても反感混じりに「自分はきっとお呼びじゃないんだろうな」

という感触を男性が抱いてしまい、その女性は恋愛の相手の候補から外れてしまうのだそうです。

 

このようなことがないよう、

「べつに自分は年収や容姿ばかりで男性を判断しない」ということを

さりげなくアピールするのが大切です。

 

そして、「婚活をしている人は、婚期を逃したからこそしているのだ」という偏見を

持っていることも多いようです。

 

そのため、年上好きの男性は別として

「婚活をしている女性=おばさん=自分の恋愛対象ではない」と、

これも無意識に彼女候補から外してしまうのです。

 

その他にも、「婚活をしている女性は忙しい」というイメージを持たれていることも、

不利になっている原因です。

 

男性は、婚活をしている女性が

「料理やエステで忙しく、その上、婚活バーティーや合コンをひっきりなしにしていて、

自分を相手にしている暇がないのではないか」というイメージを持っています。

 

このにような男性は、「どうせ誘っても相手にされないだろう」と考えてしまい、

デートにも誘ってくれないのです。

 

婚活をしているからデートに誘われないとしたら、これほど本末転倒なことはありません。

 

適度に「今週末は暇」アピールをすれば、また誘ってもらいやすくなるでしょう。

 

また、そもそも忙しくするのは結構なことですし、自分磨きに時間を割くのは大事ですが、

「自分磨きをしていること」そのものは男性にとって何の魅力でもありません。

 

努力自慢はせずに、結果だけをさり気なく見せることがアピールになるのです。

 

さまざまな婚活サイトに関するランキングや口コミを見ても、このような男性の意見は多いです。

 

お相手募集中とは言え、婚活をしているということを、周りの男性には言わない方がいいかもしれません。

 

そして、準備が整ったら、婚活サイトや紹介所などに資料請求をしてさりげなく婚活を再開してみてください。

 

あなたに合った婚活サイトを探そう


コメントは受け付けていません。