初心者のカラコンの選び方

しかし初心者には、この「手入れ」が難しい問題になってきます。

レンズの洗浄が不十分であれば汚れが残り、かといってやりすぎると傷になったり、破れたりしてしまいます。

ここで1番簡単な方法は、ワンデイタイプ(1日使い捨て)のカラコンにしてしまうことです。

毎日レンズを手入れする必要がなく、1日の終わりには捨て、次の日には新しいものを着けるだけでOK。

「使い捨ては高い」というイメージをお持ちの方もおられるかと思いますが、実際はそれほどでもありません。

手間がかからない・洗浄液などが不要・扱いが簡単、ということを考えれば、使い捨てカラコンも十分なメリットが得られます。

 

ポイント:見た目

普通のコンタクトレンズとは違い、カラコンはファッションでもあります。

当然、見た目も考慮したいですね。

カラコンといえば目をとにかく大きく見せるもので、「(着色部分が)大きければ大きいほうがいい!」と思われがちですが、実はそうではありません。

最近人気となっているのは、カラコンを着けていることがわかりづらい、自然なタイプのカラコンです。

色はブラックかブラウンで、サイズがそれほど大きくないものが、自然な瞳に見えます。

自然な仕上がりが良いという方には、着色直径は12.8〜13.5mm程度がオススメです。

日本人の瞳の平均は12〜13mm程度だと言われているため、これぐらいが丁度自然に見える範囲だと思います。

また柄(着色部の形状)については、自然派方にはリングタイプ(フチのみ)がオススメです。

 

番外編:眼科の診療をきちんと受ける

初めてカラコンをつける場合、必ず眼科を受診しましょう。

また2〜3ヶ月に1度、定期的に受診することも大切です。

最近ではネットでも手軽に購入できるため、眼科を受診せずにカラコンを着ける人も多くなっているようですが、決してオススメできません。

目というのは、まつ毛一本入っただけで、指先で触れただけでも、すぐに痛みが出るようなデリケートな部位です。

そこに何時間も何回もレンズをかぶせる訳ですから、素人判断では到底扱いきれません。

目の健康のために、眼科は必ず受診しましょう。

 



カラコン激安通販サイトランキング



ranking-free-sozai1 【Mew contact byフリュー】

ranking-free-sozai2 カラコンなら美Labo

ranking-free-sozai3 実店舗も展開中のサンシティ


カラコン激安ランキング



Error: Feed has an error or is not valid


sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ