カラコン目薬の防腐剤のメリット・デメリット

常用にオススメするのは「涙に近い」という目薬(人工涙液)です。

涙に近づけることで、目への刺激がより少なく、身体にとって自然なものになります。

成分表を見て「涙に近いかどうか」を判断することは難しいので、パッケージに「涙に近い」とか「人工涙液」と書かれているものを選ぶのが良いと思います。

 

またよく目にする「防腐剤フリー」の文字。

防腐剤はメリット・デメリットの両面があるので、一概にどちらが良いとは言い辛いものになります。

 

防腐剤のメリット・デメリット

目薬に配合される防腐剤には、以下のようなものがあります。

・塩化ベンザルコニウム
・ソルビン酸カリウム
・ホウ酸
・パラベン
など…

 

【防腐剤のメリット】

目薬を長期間に渡って繰り返し使うとなると、容器内での菌の繁殖などがやはり問題になってきます。

目薬というものは薬液を押し出すだけなので、中に菌は入らないと思いがちですが、実はそうではありません。

目薬をさす時に容器の先がまつげなどに触れたり、容器から出かけていた目薬が容器内に引っ込んだり、そういったタイミングで菌は容器の中に侵入してしまいます。

そして知らず知らずのうちに、段々と菌が繁殖していくのです。

そうなるとやはり、防腐剤というのは必要になってきます。

菌だらけの目薬をさしてしまえば、逆効果どころか、それが原因で目の病気に発展してしまうからです。

 

【防腐剤のデメリット】

やはり目の刺激になるという点が、防腐剤のデメリットです。

防腐剤成分の作用により、目の細胞が傷ついてしまいます。

それによって目が充血したり、眼病の原因となる場合があります。

目薬を使う頻度があまり頻度が多くないのであればそれほど気にすることはありませんが、ドライアイなどが原因で1日に何度も目薬が必要となる人にはオススメできません。

 

【選ぶポイント】

単純に考えると、目薬がたくさん必要な人は防腐剤フリー、あまり必要ない人は防腐剤配合でもOK、ということになります。

ただ「たくさん使う」といっても、使いすぎは涙の量の減少などに繋がるので、使用上限回数は守って使うようにしてください。

また防腐剤が配合されているといえども、半年や1年も保つわけではありませんので、3ヶ月ほどで買い換えるようにしましょう。

 



カラコン激安通販サイトランキング



ranking-free-sozai1 【Mew contact byフリュー】

ranking-free-sozai2 カラコンなら美Labo

ranking-free-sozai3 実店舗も展開中のサンシティ


カラコン激安ランキング



Error: Feed has an error or is not valid


sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ