カラコンは海外でも使われている?

日本で販売されているモノのほとんどは海外でも販売されていて、海外でもある程度需要はあります。

はたしてカラコンはどうなのでしょうか?

 

結果を言うと、欧米ではほとんど売れません。

カラコンをつける意味がないと思っている人が多く、カラコンをつける習慣がないという状況です。

逆に、「日本人の瞳は美しい色をしているのに、なぜ色を変えてしまうの?」と疑問に思う人もいるそうです。

 

なぜ欧米ではカラコンの人気がないのでしょうか。

アメリカを例に挙げて考えると、アメリカには多種多様な人種が混在し、それによって瞳の色も十人十色です。

元々ブルーやグリーンといった、美しくて個性的な瞳を持っている人たちです。

カラコンをつけなくても、瞳の色は個性に溢れているのです。

しかしそういった瞳の持ち主でも「今日はグレーにしよう」といって、ファッションとしてカラコンをつけてもおかしくはないと思いますが…。

 

現に欧米では、髪の毛を染める人は多いようです。

元々金髪である女性が、あえて黒などの濃い色にするといったことはよくあります。

黒髪はミステリアスやエキゾチックと思われており、そのような色に憧れる人も少なくありません。

もしかしたら将来、気分に合わせて瞳の色を変える習慣ができるかもしれませんね。

 

しかし一方で、東南アジアでは日本同様、カラコンが人気です。

欧米ではカラコンは異質だと感じる人が多いようですが、アジアの若い女の子には需要があるのです。

タイ、香港、韓国、中国などのアジア諸国ではオシャレな女の子が多く、カラコンを着用している女の子も数多く見かけます。

この国々では、カラコンの製造も盛んに行われています。

アジア人は瞳の色がほぼ同じであるため、カラコンをすることによって自分の個性を輝かせたいと思う人が多いようです。

そのような国では、値段もかなり安くなっています。

タイの店頭で売られているカラコンは、1組約500円ちょっとで買えるようです。

大体、日本の1/4〜1/5ぐらいでしょうか。

しかし現地の安全基準は、日本の安全基準よりもかなり緩いようで、その点は少し不安が残ります。

タイの首都ではカラコンの無許可販売も蔓延しており、激安の違法カラコンも出回っているそうです。

いくら安くても、危険なカラコンはさすがに使いたくないものです。

 



カラコン激安通販サイトランキング



ranking-free-sozai1 【Mew contact byフリュー】

ranking-free-sozai2 カラコンなら美Labo

ranking-free-sozai3 実店舗も展開中のサンシティ


カラコン激安ランキング



Error: Feed has an error or is not valid


sponserdlink


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ