1dayカラコンの長期使用について

1dayカラコンは種類も豊富で安価で手に入る為、

お世話になっている人も多いのではないでしょうか。

 

1dayカラコンを使った後は必ず使い捨てなければならず、

勿体無いからといって長期使用するのは非常に危険です。

 

1dayカラコンは2WEEKやマンスリータイプよりもレンズが薄く作られており、

レンズの耐久性が弱く、破損してしまう危険性が高いのです。

 

レンズが薄い分、フィット感があり使いやすいのが

1dayカラコンの魅力ではあるのですが・・・

 

1dayカラコンはこすり洗いをしない前提で作られている為、

洗うと目に見えない細かいキズが付いてしまい、

知らない内に目を傷つけてしまう原因となります。

 

カラコン 痛い

 

カラコンの色が漏れ出す!?

先述した通り、1dayカラコンは非常に薄い作りとなっており、

カラコンに傷がつくとカラコンの着色部分の色が

漏れ出してしまう危険性があるのです。

 

カラコンの着色は目に害を及ぼすことの無い

着色料が用いられていることが多く、

着色料が付着したことによる被害の心配は少ないのですが、

カラコンの損傷・変形により目を傷つけてしまう可能性が高く、

直ちに使用を中止する必要があります。

 

また1dayカラコンは保存液の保存に耐えうるようにできておらず、

どれだけ保存液で保存しても気休め程度にしか効果がありません。

 

菌の繁殖した1dayカラコンを付け続けると菌が

目に入り込んでしまい

目の痛みやかゆみ、病気等を引き起こす原因となってしまいます。

 

目の乾燥や、充血、目やにの原因となり、乾燥しやすくなります。

 

また、乾燥してカラコンが目に張り付いてしまい、

無理やり取り外すと目をキズつけてしまう原因となります。

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。