カラーコンタクトは、

ドライアイやアレルギーを持っている人でも着けることはできるのでしょうか?
ただでさえカラコンは目が乾きやすいので、

ドライアイの場合はよりいっそう厳しく思いますよね。
花粉症などといったアレルギーに頭を悩まされている人も、

目に異物を入れることは難しく感じるでしょう。

 

結論から言いますと、ドライアイやアレルギーでもカラコンは利用できます。

 

ドライアイやアレルギーではない人も、

カラコンを装着する際には必ず眼科で自分の目の状態を確認しましょう。
カラコンを使ってもOKとの診断結果を得られれば問題ありません。
医師からNOが出た場合は、

残念ですが大切な目を守る為にも諦めた方が賢明でしょう。

 

さて、実際に使用するにあたって、

できるだけ目に負担のかからないレンズが良いですよね。
ということで、ドライアイやアレルギーの人がカラコンを装着するに

あたっての注意点や、レンズを選ぶポイントを紹介させていただきます。

 

カラコン 韓国

 

ドライアイの人でもカラコンは装着できる?

ドライアイでもカラコンは着けることができますが、

どうしても目の乾きが気になると思います。
カラコンを着ける時には必ずコンタクトレンズ専用の目薬を常備して、

いつでも使えるようにしておきましょう。
この際、使用する目薬は眼科で処方されたものがベストです。

 

目の疲労も乾燥の原因となりますので、

パソコンやスマホなど目を酷使することは控え目にしておきましょう。
目が乾きにくいレンズを選ぶことも重要です。
一般的には含水率の高いものが酸素透過性が高く良品質とされていますが、

カラコンに水分が吸われて目が乾燥しやすくなりますので注意しなければなりません。
現在はドライアイ用のカラコンなども販売されていますので、

その中から選択するのも良いと思います。

 

アレルギーのある人でもカラコンは装着できる?

アレルギーの人でもカラコンを着けることができますが、

裸眼に比べるとかゆみなど違和感を生じる可能性が高くなります。
それでもカラコンを着けたいという人は、

兎にも角にも無理をしないようにしてください。
カラコンは目にかかる負担が強いので、

アレルギー症状を感じるようでしたら迷わずカラコンを外して

目を休ませることです。

 

アレルギーが強い時期などわかる場合は、

その時期になったら装着時間を短くする、

または着けないなどの工夫も良いでしょう。
異物が目に入ることでアレルギーの症状が出てしまいますので、

カラコンのケアに関しては特に注意しなければなりません。

 

毎日のケアに自信がない人は、ワンデータイプのカラコンをオススメします。
長期タイプのカラコンに比べるとコストパフォーマンスは悪くなってしまいますが、

常に清潔なレンズですのでアレルギー症状を軽減できます。

 

多少注意は必要ですが、

ドライアイやアレルギーの方でも問題なくカラコンライフを送ることができます。
ただし、絶対に無理はしないでくださいね。

 

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。