カラコン2枚重ねは非常に危険!絶対にダメ!

カラコントラブル対処

まさか、カラコンを2枚重ねで着けたことがある人はいないでしょうね?
カラコンを重ねて着けることは非常に危険ですから、

絶対にしないようにしてくださいね。

 

2枚重ねしてしまう理由としては、重ねることで独特の発色を楽しむといったケースの他、

普通のコンタクトレンズの上から度なしカラコンを重ねて着ける、

などといったケースもあるようです。

 

自分なりに工夫することで、市販のカラコンではできないカラーを作るのは、

楽しいのかもしれません。
通常のコンタクトレンズをすでに手元に持っていた場合は、

度ありのカラコンを買うのは勿体無いと考えてしまうのかもしれません。

 

ですが、度ありカラコンを買う為のお金を惜しんだせいで、

目のトラブルを抱えて病院で治療費を払っていては本末転倒です。
カラコンの2枚重ねは角膜の酸素不足を引き起こして様々な眼障害の原因となります。

 

カラコントラブル対処

 

○角膜の酸素不足を引き起こす原因

カラコンは色素を含んでいるために厚みがある為、

通常のコンタクトレンズと比較しても酸素不足を引き起こしやすいのです。

 

角膜には血管がありませんので、空気中から酸素を得ています。
角膜にとってコンタクトレンズは酸素供給を邪魔する障害物なのです。
例えるなら、鼻を塞がれているようなものです。
ただでさえ厚みのあるカラコンで、しかも2枚重ねともなると、

角膜は呼吸困難になってしまいます。

 

充分な酸素を確保できずに酸素不足となった状況がそのまま続いた場合、

いったいどうなってしまうのでしょう?

 

○角膜の酸素不足による眼障害の数々

酸素不足の状況が続くと、血液から酸素を供給する為に、

血管が角膜に向かって長く太く伸びて充血してしまいます。
白目の部分が充血しているだけならまだ良いのですが、そのまま放っておいた場合、

角膜、黒目にまで血管が侵入してしまうことがあります。
これは角膜血管新生と言われる非常に危険な眼障害です。

 

角膜血管新生の症状が進行すると、視力障害や失明に至る危険性があります。
その他角膜に傷が付いて一部が欠損してしまう点状表層角膜症や、

角膜の細胞が死んでしまう角膜内皮障害等々、角膜の酸素不足は多くの眼障害を引き起こす原因です。
角膜内皮障害で死んでしまった角膜の細胞は二度と再生しません。
細胞がある程度の量まで減少すると、角膜は壊死してしまうこともありえるのです。

 

絶対にカラコンの2枚重ねをしてはいけません。

 

カラコンには様々なカラーや模様のバリエーションがありますから、

2枚重ねなどしなくても充分以上に楽しめます。
度ありのカラコンだけではなく、乱視用のカラコンなども販売されています。
2枚重ねなどせず、自分に合ったレンズを選んで安全なカラコンライフを楽しみましょう。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ