カラコンを着けていたら充血して目が真っ赤に・・・

そんな時、目薬をさしてそれだけで満足していませんか?

 

目の充血に効く目薬ってありますよね。
目薬をさした途端にさっと充血が引いて

すぐに綺麗な白目に戻るというものもあります。

 

ですが、ちょっと待った!

 

カラコンの装着による目の充血を、

目薬をさして治ったなんて安心していたら・・・

 

ひょっとすると、

目をよりいっそう危険な状態にしてしまっている可能性があります。

 

カラコンを着けていて充血する原因とはそもそもなんでしょうか?
様々な要因はありますが、最も多いケースは角膜の酸素不足によるものです。
一時的に充血だけを取り除いたとしても、

角膜の酸素不足が解消されるわけではありません。
むしろ、状況は悪化しているかもしれないのです。

 

カラコン 安全 メーカー

 

カラコンによる充血を解消する目薬のリスク

充血を解消してくれる目薬の主な成分は『血管収縮剤』です。
血管収縮剤とはその名の通りで、

太くなってしまった血管をぎゅっと収縮させることで充血を抑えるのです。

 

ですが、先述した通り充血の原因として多いのは角膜の酸素不足によるものです。
酸素を角膜に供給する為、血管が長く太く伸びた結果として充血が起こるのです。
それを血管収縮剤で無理やり血管を縮めてしまえば、

角膜への酸素供給を絶ってしまうこととなるのです。

 

角膜からしてみれば、息をするなと言われていることと同じです。
加えて、角膜を酸素不足のまま放置した場合、

角膜内皮障害や角膜血管新生などの眼障害を引き起こす原因となるのです。
あなたの大切な目が、視力の低下や失明など、

手遅れになってしまうかもしれません。

 

目薬で充血をごまかし続けると、充血が酷くなる?

繰り返し言いますが、

目薬で充血を抑えてもその原因自体は解消されていません。
角膜の酸素不足による充血の場合、

目薬の効力が切れた際にさらに酷く充血してしまいます。
血管収縮剤で無理に酸素供給を抑えていたわけですから、

その効力が切れることで押さえつけられていた分まで酸素・血液を送ろうとして、

さらに血管が長く太く伸びて充血の悪化・慢性化に繋がってしまうのです。

 

充血の原因として考えられるのは、酸素不足の他にも、

レンズが目に合っていなかったり、レンズの傷や汚れなどもあります。
まずは充血の原因を突き止めることが大切なのです。
目薬でごまかしていては、根本的な原因は解消されませんので非常に危険です。

 

充血を抑える目薬は、どうしてもの時の為に取っておくだけにとどめておきましょう。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。