カラコンは使い方を間違えると最悪失明するかも・・・

カラコン ありなし

カラコンは度ありや度なしを含め様々なデザインのものがあり、

目元のおしゃれにこだわりたいという方に昔から人気ですよね。

 

このカラコンはランキング口コミでも多くのものが紹介されている他、

通販などでも激安価格で購入できるものがあり、お得に入手することも難しくありません。

 

しかし、このカラコンを使用する場合は、安全性に気を使う必要がありそうです。

 

カラコンは可愛いけれど、普通のコンタクトように長時間つけていると危ないらしいです。

 

質の悪いカラコンは、色が落ちて目の中に入ってしまうのだとか。

 

実際に炎症を起こした人も多いです。

 

また、安全性の高いカラコンであっても長時間の着用は避けたほうが賢明です。

 

カラコン ありなし

 

カラコンをつけいると酸素を通しづらく、眼球が酸欠に陥り、細胞が死んでしまうのです。

 

そして、死んでしまった細胞は回復することがありません。

 

ですから、長時間の使用は避けましょう。

 

特に旅行なと普段とは違う環境にいて、しかも、ずっと外出が続くような状況では、

ついつい外し忘れてしまう、ということもありえます。

 

このようなときには、カラコンやコンタクトレンズなどではなくメガネをつけたほうが無難でしょう。

 

熱に当たると溶けたりするらしいので、料理やドライヤーを使うときは危ないのかもしれませんね。

 

たとえば、火を見続けただけでその火の熱でカラコンが溶けてしまう、という例もあります。

 

また、カラコンをつけ続けると眼球に血管が目立つことがありますが、これは長時間、

カラコンによって酸素不足になった眼球の細胞に、酸素を届けるために新しい血管ガ伸びているものです。

 

この状態は、新しいコンタクトレンズに付け替えたり、

また、コンタクトレンズの使用を中止すればマシになるのですが、

しかし、血管がまったく消えてしまうということはないので注意が必要です。

 

そして、たとえばカラコンをつけていることを忘れて寝てしまうのも危険のようです。

 

一晩でも危険ですが、なかには2日間、同じカラコンをつけたまま寝てしまったという人もおり、

その人は失明する危険もあるのだとか。

 

つけていることを忘れて寝てしまう人は少数派でしょうが、

たとえば酔っ払っているときには誰しつけたまま寝てしまう危険性があります。

 

このようにカラコンの使用法を間違うと失明する危険もあるそうなので、

つけるのが怖くなってしまいます。

 

ですから、このようなカラコンの特徴を理解した上で、安全な製品を選び、

そして危険な使い方を避けて使用するようにするのが一番です。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ