現在、カラコンの製造方法の主流となっているのは、

サンドイッチ製法とキャストモールド製法の2種類です。
その他、セミキャストモールド製法や、

スピンキャスト製法といった製法も存在しますので、

それぞれ順を追って解説させていただきます。

 

カラコン ありなし

 

キャストモールド製法

まずキャストとはなにか、と言いますと、

物質を溶かして鋳型に流し込み鋳造することです。
アルミやプラスチック、金属製品など、

同じ形のものを量産するのに適した方法とされています。
このキャストモールド製法とは、カラコンの製法として、

カラコンを可能な限り薄く、眼に負担がかからないよう考案されたもので、

レンズの原料を溶かして色素を混ぜ合わせ、鋳型に入れレンズをキャストする製法です。
ただしこの製法には欠点が存在します。
レンズを薄く作られているため、爪などで傷が付いてしまうと、

色素が溶け出してしまう恐れがあり、その色素が角膜に触れることによって

炎症などを引き起こすケースが明らかにされています。

 

ですが、通常のコンタクトレンズを扱うのと同様、

取り扱いにさえ気をつければこういった事故は起こりません。
目に入れるものであるために繊細であることを理解して気をつければ問題はありません。

 

サンドイッチ製法

サンドイッチ製法とは、その名の通り色素を2枚の薄いレンズで

挟む(サンド)する製法です。
この製法ではどうしても2枚のレンズが必要ですのでレンズが厚くなりがちですが、

着色面を覆うように造られている為、に色素が眼に直接触れることはありません。
数ある製法の中でも比較的安全性は高いと言えるでしょう。
近年では技術力も向上し、非常に薄いカラコンを製造することも可能となりました。

 

セミキャストモールド製法

セミキャストモールド製法とは、キャストモールド製法が発展した製造法です。
レンズの表面に着色を施し、

その上から特殊なポリマー素材によってコーティングを行うといった製法です。
どうしても厚くなってしまうキャストモールド製法の欠点を補うことに

成功しましたものがこのセミキャストモールド製法です。

 

スピンキャスト製法

このスピンキャスト製法は、回転する機器により遠心力を用いてレンズを製造する手法です。
素材の重合時に色素をレンズの内部に封じ込める為、表面には現れません。
スピンキャスト製法によって製造されたレンズはエッジやバリの不良も出にくいため、

着用時の快適さを重視したレンズと言えるでしょう。
スピンキャスト製法は主に台湾製の高度医療機器によって製造されています。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。