カラーコンタクトレンズのタンパク汚れの原因は何か知っていますか?
カラコンを装着していると、目が霞んでしまったり、

視界が曇るように見えることがあります。
このレンズを曇らせて視界を悪くする汚れがタンパク汚れです。
この厄介なタンパク汚れは、涙に含まれる成分が原因で汚れるのです。
涙は綺麗なもののようなイメージで、

レンズを汚すものといった認識はあまりないのではないでしょうか。
ですが、涙の成分には、

タンパク汚れの原因になるもの多分に含まれているのです。

 

こういったタンパク汚れは蓄積していきますから、

定期的にタンパク除去剤を使用してケアすることが大切です。
タンパク汚れを放置していると、

あなたの目が危険に晒されてしまう可能性があるのです。

 

カラコン 安全性

 

どうしてタンパク汚れがつくの?

涙の成分には、タンパク質をはじめとして脂質や粘液質、

カルシウム等々、様々なものが含まれています。
カラコンは涙によって吸着されてくっついていますから、

涙に常に触れています。
これらの成分が固まるとタンパク汚れとなって、

視界が曇って見える原因となってしまうのです。

 

その上、カラコンはソフトレンズですから、水分を吸収しますので、

涙に含まれている成分がレンズの中まで入ってしまって蓄積しやすいのです。
これがカラコンにタンパク汚れが付着しやすい原因なのです。

 

タンパク汚れを放置していると危険?

レンズにタンパク汚れが付着していると、視界が白く曇る、

異物感があるなどといった不快感を引き起こします。
ですので、長期装用タイプのカラコンを使う際には、

1週間から2週間に一回を目安にタンパク除去をしましょう。

 

市販のタンパク除去剤を利用して漬け置きするだけの簡単な手入れですから、

面倒に思わず丁寧にケアしてください。
タンパク汚れが付着したカラコンをそのまま使い続けていると、

角膜が傷ついて眼障害などを引き起こす原因となってしまうのです。

 

中でも花粉症などアレルギーがある人の場合、

涙に含まれるタンパク質が平均より多い傾向にありますので、

アレルギーのある人はこまめにタンパク除去を行う、

あるいはワンデータイプのカラコンを使うなどの対策をした方が良いでしょう。

 

カラコンは毎回のケアと定期的なタンパク除去を行うことで

常に清潔に使うことを心がけてください。
タンパク除去の成分を内包した洗浄剤なども販売されていますので、

そういったものを利用してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。