カラコンが目の中でどこかにいってしまって見つからない時は本当に焦ってしまいますよね。
ひょっとして目の裏側まで入ってしまったんじゃ・・・なんて怯えてしまいます。
ですが、カラコンが目の裏側まで入ってしまうなどということが本当にありえるのでしょうか?

 

結論から言いますと、カラコンが目の裏側に入ることは、目の構造上絶対にないのです。

 

カラコンが見つからないというのは大抵の場合、目の中でレンズがズレてしまっているのです。
ズレてしまったレンズがまぶたの裏側などに挟まって見えなくなってしまい、

カラコンが行方不明になったと勘違いしてしまうのです。
それを踏まえた上でなお見つからないという場合、カラコンを落としてしまった可能性があります。

 

○カラコンが目の裏に入ることはありえない

眼球とまぶたの間には結膜というものが存在し、この結膜は白目とまぶたの裏とを繋いでいます。
眼球とまぶたとの間の隙間は、目の裏側まで続いているわけではありません。

 

この結膜で行き止まりとなっているのです。
ですから、カラコンがズレてまぶたの裏に入ることはあっても、

目の裏側まで入ってしまうことはありえないのです。

 

カラコンが見つからなかったからって、目の裏側に入ってしまった、なんて慌てる必要はないのです。

 

○カラコンが行方不明になった時はどうするの?

もしカラコンがどこにあるか見つからなくなってしまった場合、

鏡を見てまぶたを引っ張りながら目を上下左右に動かしてみてください。

 

カラコンを装着したまま眠ってしまった時は、

目が乾燥してカラコンが眼球やまぶたの裏に貼りついているケースもあります。
そういった場合には、カラコン専用の目薬をさすことで水分を行き渡らせる、レンズを浮かせます。

 

まれにレンズがまぶたの奥の方に行ってしまい、自分では取れなくなることがあります。
カラコンはソフトレンズですので、まぶたの裏で折りたたまれるように変形してしまうこともあり、

そうなった場合には非常に危険です。

 

どうしてもカラコンが取れない場合は眼科へ行って取ってもらいましょう。

 

以上のように、カラコンが行方不明になった時は、目の裏側に入ってしまったというわけではありません。
カラコン用の目薬を利用するなどして、レンズの動きを良くしながら探すと良いでしょう。
眼球とまぶたの間には結膜が存在しますので、

カラコンが目の裏側へ入ってしまうといった心配は絶対にありません。
大丈夫ですから、焦らずに丁寧に探してみましょう。

 

万が一それでも見つからないといった場合には眼科を受診してください。

 

激安カラコン通販サイト

 

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。