メイクやヘアカラーを変えてみたら、これまでとは違うお洒落を楽しめて大満足!

と新しい自分を発見できたときはお洒落の幅が広がりますよね。

同じように、カラコンも色んなタイプを使い分けることで

自分らしさをさらにパワーアップできたり、

まったく違う自分を創ることができたりと楽しみ方も人それぞれです。

 

カラコンは通販ショップで購入しているという方も多いと思いますが、

カラコンを選んでいると見慣れない言葉や用語を目にすることがあります。

それらすべてを把握することで、自分の目に合ったカラコン、

トラブルを未然に防ぐことができるカラコンを選ぶことができます。

 



スポンサードリンク

例えば、イオン性レンズと非イオン性レンズの違いはお分かりでしょうか。

イオン性レンズというのは、潤いを取り入れることができるコンタクトレンズを意味します。

レンズの構造が網目状になっているので通気性がよくなります。

その結果、花粉などの異物が目に入ったときでも違和感を必要以上に感じることがない

とされています。

花粉の季節が気になるという場合はイオン性レンズのカラコンをお使いになるといいでしょう。

非イオン性レンズというのは、イオン性レンズとは違い網目状になっていません。

そのため通気性がよくないコンタクトレンズとなっています。

これは一見デメリットにも見えるのですが、汚れが付着しにくいというメリットもあるので、

長時間カラコンを着けたいという場合には非イオン性レンズのカラコンをお勧めします。

 

次に含水率についてお話します。

これはカラコンに含まれている水分量を意味しているので、

含水率が高ければ高いほど目に優しいという印象があります。

確かに、含水率が高いカラコンは目に負担がかかりにくいことは証明されています。

ところが、含水率が高ければ汚れが使いやすいというデメリットも生じてしまうのです。

汚れがつきやすいということは目が乾燥しやすいことに繋がりますので、

カラコンを着けたまま点眼できる目薬を常に持ち歩き、目が乾燥しないよう心がけることが大切です。

このように、それぞれの用語に対して正しい知識を持っていれば、

どんな場面でどんなカラコンなら安全に使えるのか、

また安全に使い続けるためにはどうしたらいいのかお分かりいただけると思います。

ただお洒落だからいい、見た目が可愛いからいい、という安易な考え方ではいずれ目のトラブルを

招いてしまう可能性があります。

そうなってしまえばカラコンのお洒落を楽しめなくなってしまうことを念頭において、

カラコンライフを楽しんでいきましょう。

 



スポンサードリンク

カラコン人気ランキングはコチラ


コメントは受け付けていません。