たった5分でできる!カラコン簡単洗浄術!

カラコン アイシティ

自分のカラコンのケアの方法は、きちんと正しくできているのだろうか、なんて疑問に感じた経験はないでしょうか?
どの方法が正しくてどの方法が間違っているのか、自分では判別し辛いですよね。
その上カラコンのケアの方法は手順が多くて時間もかかる、面倒なものだというイメージを持っている人も多いのではないでしょう。

ということで、今回はたった5分で簡単にケアができるカラコンの洗浄方法を紹介させていただきます。

 

カラコン アイシティ

 

カラコンの洗浄は意外に簡単

カラコンの洗浄には三つの手順があり、洗浄、すすぎ、保存となっています。
最近ではこの三つを一度に賄えるMPSタイプの洗浄液がありますので、これを利用することをオススメします。

さて、カラコンのケアをはじめる前に、まずは必ず石鹸を使って手を洗ってください。
この際、化粧品やハンドクリームなども残さないよう念入りに落とすことです。

次に、利き腕ではない方の掌の中心に窪みを作ってレンズを置き、洗浄液を数滴垂らしてこすり洗いします。
各面それぞれ20回から30回ほど前後にこすります。
この際、力を入れすぎたり、円を描くようにこすったりするとレンズが破損する原因となりますので注意してください。

その後レンズを洗浄液でよくすすぎ洗いしてください。
あとはレンズケースに予め保存液を注いでおき、レンズが全て保存液に浸かるように入れてキャップを閉めればケアは終了です。

これだけです。

この他、タンパク除去も行わなければなりませんが、これは毎日行う必要はありません。
カラコンを電気で透かして見てみると、小さな透明の球体が付いていた、などという経験はないでしょうか。
これは涙に含まれているタンパク質の汚れです。
このタンパク質がレンズに付着したまま放置していると、汚れで視界が曇るのは勿論ですが、角膜に傷を付けてしまう原因ともなりますので注意が必要です。

タンパク質の汚れは毎日の洗浄で落とすことはできませんので、タンパク質除去剤を用いなければなりません。
ケアの方法としては、こすり洗い同様に、タンパク質除去剤をレンズに数滴垂らして各面それぞれ10回ほど前後にこすります。
あとは洗浄液で軽くすすいでタンパク質除去の完了です。

いかがでしょうか?
カラコンのケアは難しい印象を持たれがちですが、やってみれば意外に単純で簡単なのです。
ヘアアイロンを温めている合間などわずかな時間でできます。

ワンデー以外のタイプのカラコンを利用した後は必ずケアが必要です。
自分の目を守るためにも、カラコンのケアはきちんと正しく行いましょう。

 

 

カラコン人気ランキングはコチラ