家庭教師バイトと交通のアクセス

家庭教師のバイトを考える際に問題になってくるのが交通手段です。

家庭教師の仕事は生徒が高校受験をするまでの長期にわたることが多く、その間にずっと生徒宅に通わなければなりません。

交通手段が車であれば全く問題はありませんが、家庭教師の仕事をしているのは大学生が多く、車を所有している大学生は多くないものです。

スクーターであれば雨以外は問題はないでしょうが、自転車での移動となると困難になってきます。

自転車での移動のみの場合、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

最寄りの駅やバス停まで送迎を依頼する

生徒宅に行くまでに、バス停や駅からかなり時間がかかったりするケースもあります。

また車がある方であっても生徒宅に駐車場がなければバスや電車を利用しなければなりません。

そんな場合には家庭教師先に最寄りの駅やバス停までの送迎を依頼してみるといいでしょう。

生徒宅に行くのが難しいケースでは多くが送迎をしてくれていますから、聞いてみるのは失礼ではありません。

交通のアクセスの面で難しいと判断したら家庭教師は断った方が無難です。

受験までの長期間、大変な思いをして通うのは辛いものです。

 

自宅から近いエリアで家庭教師を探す

大学の掲示板に掲載されている家庭教師の広告では生徒の居住地がすぐわかりますから、自分の自宅から通うのが難しい地域や、最寄りのバス停や駅から遠い場合には避けることができます。

あまり無理をして遠くの家庭教師先の仕事を受けてしまうと後で後悔をしてしまうこともありますから、あくまでも通える範囲で依頼を受けることが大切です。

家庭教師協会に登録をして家庭教師を探す場合には、あらかじめ引き受けられる家庭教師先を伝えておくことができます。

地域によっては引き受けたくないところもあるでしょう。

そういった所は事前にはっきりと伝えておくと依頼は来ません。

家庭教師を引き受ける際には時給や生徒の状況だけではなく、住んでいる場所も重要になってきます。

特に軽視されやすいのが交通のアクセスについてです。

実際に家庭教師をしている大学生で、生徒の自宅まで行くのにかなりの時間を費やしている方もいます。

その生徒をどうしても引き受けたいという理由があれば問題はありませんが、できるだけ多くの収入を得たいからという理由で遠い場所の家庭教師を引き受けると後で後悔をしてしまいます。

家庭教師の依頼はいつでも来ますから、できるだけ選んで引き受けるようにしてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ