中3夏休みの受験対策

部活にずっと取り組んできた生徒にとって中学3年生になったら夏休みで終わるというケースも多いのではないでしょうか。

その後は高校受験のために取り組んでいかなければなりません。

高校受験のための勉強は早いうちから始めておけば準備が整って万全な体制で受験日を迎えることができます。

部活の終わる夏休みは中学3年生にとってどのような勉強をしていけばいいのでしょうか。

生徒本人も悩んでしまうと思いますし、家族も同じ気持ちだと思います。

 

これまでの復習に時間を費やす

3年生の1学期までやってきた内容の復習を夏休みの時期に行います。

自分がわからない所や理解がきちんとできていない所を明らかにしていきます。

その部分を徹底的に勉強して理解できるようにしていきます。

また他の箇所も万遍なく勉強をしていきます。数学に関しては計算問題、図形、関数などそれぞれの部分について偏りなく問題を解いていきましょう。

好きなところと苦手なところがあると思いますが、どれも同じくらい時間をかけて取り組んでいきます。

数学では問題をできる限り多く解いていけば理解ができてきます。

また受験本番で時間内に解けるように早く解く訓練をしていってください。

英語については文法を中心に問題に取り組んでみてください。

問題を多く解いていけば早く解答が出せるようになってきます。

単語がきちんと覚えられていない人は単語集を時々見たり、書いたりして覚える作業をしてください。

英語も数学もしばらく問題を解いていないと、解答を出すまでに時間がかかってしまいます。

ですから今までの勉強が無駄にならないように少しでも毎日勉強をするようにしてください。

 

社会や理科も少しずつ勉強する

多くの生徒が苦手にしているのが数学と英語でしょう。

どちらも難しい教科ですが、その他の教科も同じように勉強をしていくようにしてください。

つい英語と数学は毎日するのに、他の教科は全くしないというケースも見られます。

どの教科も少しずつやっていかないと忘れていったりしてしまいます。

社会や理科も復習を中心に勉強をしてください。

問題集を少しずつやっていって、重要な箇所を覚えるようにしてください。

夏休みの間に復習ができていればその後の受験対策はスムーズになっていきます。

また夏休みの間に勉強を一生懸命やっても特に効果が見られないということもあります。

ただ勉強の成果はしばらくしないと目に見えないことも多いですから、焦らず取り組んでみてください。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ