不登校と高校受験

中学生の不登校は今では多くなっており、年々増えていくのではないかと思われますが、不登校の生徒さんもいずれやってくる高校受験のための勉強はしていかなければなりません。

学校の授業は受けていなくても何らかの方法で学力を上げて受験の準備をしていかなければ高校に合格することは難しいでしょう。

不登校の生徒さんの場合、どんな方法によって学力を上げていったらいいのでしょうか。

学習塾では他の生徒もいるため難しいでしょう。

家庭教師や通信教育なら他の生徒に会うことなく勉強ができます。

これらの方法で学力を上げていく方法についてお伝えしたいと思います。

 

家庭教師で人間関係を作っていく

不登校の生徒さんと家庭教師は学校以外でのつながりですから人間関係が良好であれば一緒に勉強をしていく時にトラブルが起こったりすることはありません。

生徒さんにとっては親しい相談相手にもなってとてもいいのではないでしょうか。

まずはお互いに話をしながら良好な関係を築いていくといいでしょう。

そして徐々に勉強を始めていくことをお勧めします。

家庭教師は学習塾よりも不登校の生徒さんには向いているといえます。

学校での勉強をしていない生徒さんは家庭教師で学習をしていかなければなりません。

家庭教師は学習塾と違って自由自在に学習内容を変更していくことができます。

得意科目なら早く進めていけますし、苦手科目ならゆっくりと授業をしていくことができます。

生徒さんの学力に応じてじっくりと勉強に取り組み、高校受験に向けて準備をしていくことが必要です。

 

通信教育も利用価値がある

通信教育は教材が自宅に送られてきて自分で勉強をします。

また添削指導を行っている会社もあります。

基本的には独学が必要ですが、学習塾のように他の生徒と一緒に勉強する必要はありません。

通信教育の場合わからない所が出てきたら自分で解答を調べていかなければならないのがデメリットです。

そのため保護者の方が生徒さんをバックアップしていかなければなりません。

家庭教師を利用している場合、補助的に通信教育を利用することで一層の学力向上を図ることができます。

ただこの場合のデメリットとして費用がかかってしまうという点があります。

この点をクリアできるなら利用するのもお勧めしたいと思います。

高校受験に向けては早いうちから勉強をしていかなければなりません。

不登校の生徒さんの場合も同様に、自宅での学習を中心に早いうちから考えていかなければなりません。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ