小学生の指導に家庭教師

小学校から塾や家庭教師を利用するのは早すぎるのではないかと思う保護者の方もいますが、中学生になって勉強を始めるよりは小学校の段階から先取りして勉強していくことは、最終的に高校受験に対する準備が整うということにもつながりますから、できれば小学校から塾や家庭教師を利用した方がいいと言えます。

小学生の子供さんをお持ちの家庭では家庭教師の方が向いている場合が多くあります。

家庭教師を選択するメリットとは何でしょうか。

 

学習塾への通学が難しい子供

学習塾は一般的に夜になってから通うことが多いですが、小学生の場合18時までに塾での授業が終わることがあります。

夏などであれば帰宅が遅くなっても外は明るいので安全面では問題はありませんが、冬などになると授業が終わる頃には暗くなりだしていることもあります。

小学生の子供さんが冬場に1人で帰宅させるのをためらう保護者の方も多いのではないでしょうか。

最近では子供を狙った事件も出ており、防犯の点から学習塾に通わせたくない家庭もあるはずです。

こういった家庭の場合は講師が自宅に来てくれる家庭教師がお勧めです。

家庭教師なら防犯の面でも安全ですし、学習塾のように子供さんの送迎を考える必要もありません。

子供の安全を考えて送り迎えをしている家庭も多いですが、家庭教師はいつも同じ時間に自動的に来てくれますし、送迎の必要もありません。

仕事などが忙しい保護者の方であれば一層家庭教師を選ぶメリットは大きいのではないでしょうか。

 

飽きさせずに勉強ができる

学習塾では決まったカリキュラムに沿って勉強をしていきます。

もともと勉強が苦手な子供さんは塾のスピードについていくことができなかったりする場合もあります。

家庭教師ならそれぞれの子供さんの学力に応じて進度を調整していくことができます。

ですからやる気がなくなったり、勉強に飽きるということも少ないものです。

また子供さんのやる気は講師との相性も関係しています。

苦手な講師だとやる気も出にくいでしょう。

家庭教師では講師との相性が良くなければ、協会に連絡をして講師の交代を依頼することも可能です。

学習塾ではこの点は難しいのではないかと思います。

講師との相性が良くなくて、違う学習塾に入りなおすケースもあります。

相性のいい講師と一緒に勉強をしていけば徐々に学力が伸びてきますし、中学生になって受験のシーズンになっても慌てることもないと思います。

家庭教師の価値はとても大きいものです。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ