大学受験と英検

大学受験の科目は数多くありますが、中でも中心となる科目はやはり英語ではないでしょうか。

英語は文系と理系の両方の受験で受けなければならないことが多いものです。

この英語の受験勉強については様々な方法がありますが、気分転換や将来の就職のために英検を勉強している人もいます。

英検は英語のレベルを等級によって分けているもので、高校卒業レベルは2級となっています。

その上は短大卒レベルの準1級、大卒レベルが1級となっています。

この英検はそのための勉強が必要になってきますが、受験英語のレベルアップにも役立つので時間があれば是非受けてみてほしいと思います。

この英検は受験とどのような関係があるのでしょうか。

 

英語力の向上を図ることができる

英検は英語の総合的な能力を図るための試験となっています。

ですから受験英語とは直接関わりがなくても英語の能力の向上を図ることができますから、英語の受験を必要としている高校生の方は受験してみることをお勧めします。

高校3年生になったらなかなか英検のための勉強はできないかもしれませんが、2年生の段階なら比較的勉強の時間も確保することができるのではないかと思います。

英検と同様に英語の能力を図るものとしてTOEICも有名ですがこれはビジネスに関する英語の能力を点数化するというものです。

英検もTOEICも英語の能力の向上を目指す人には是非トライしてほしい試験となっています。

 

将来の就職などに役立つ

大学受験を受ける高校生にとって就職はまだ先のことかもしれませんが、英検やTOEICは履歴書に記載することができるもので、自分の英語の能力を客観的に示す材料として最適です。

将来外資系の企業などに就職を希望している方はこれらの試験を受けるべきですが、すぐに受けるよりは高校生の段階から徐々にステップアップしていく方がより上級のレベルを狙うことができます。

また教員になりたいという方は英検1級やTOEICの高得点を目指して高校生から勉強をしてほしいと思います。

英検1級などを取得している教員採用試験で有利な状況になります。

取得しておいて損はありませんから、教員を志望している高校生の方は是非検討してみてください。

このように英検は受験英語と直接関わりはないとはいえ、英語の能力を向上させるといった点においてはとても意味のあることですし、英語学習のモチベーションを上げる材料にもなります。

英語に興味のある方は是非受けてみてください。

 

福岡県のその他-整体/矯正のサロン情報

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ