受験シーズンとダイエット

大学受験の勉強では夜遅くまでやるため、睡眠時間などが不規則になってしまいます。

そのため自律神経も乱れやすく、体力も低下してしまいます。

中には太ってしまったという高校生もいるのではないでしょうか。

受験勉強をすると脳を非常に使うのでエネルギーの消費もいつもより早いものです。

そのためすぐに空腹感を感じてしまいます。

そして空腹感を紛らわすために食事をして太ってしまったというケースも多くあります。

受験勉強の時にダイエットはしない方がいいのですが、あまり太ってしまうのも健康のためによくありません。

受験シーズン時にはダイエットはどのようにしていったらいいのでしょうか。

 

脳のエネルギーになるものを中心に摂取していく

受験勉強をしていると脳を常に動かします。

脳はとても大食いで、考える作業が長いとエネルギーをとても多く消費してしまいます。

脳が必要とする栄養素はブドウ糖のみとなっています。

ブドウ糖は炭水化物やタンパク質から作られるものですが、特にブドウ糖になりやすいものは米です。

また砂糖は簡単にブドウ糖になる食品です。

こういった食品を摂ることによってブドウ糖を効率的に摂取することができるわけです。

受験勉強時には通常以上に脳を使いますから、ブドウ糖をいつもよりも多く取り入れていくことが必要です。

ブドウ糖になりやすい米を中心とした食事が体に負担をかけないものです。

特に日本人にとって和食は最も合っている食事です。

受験シーズンの食事は和食を中心として、ご飯をしっかりと食べるようにしたいものです。

太ったからといってご飯の量を減らすなどしてしまうと脳がきちんと働かなくなり、受験勉強にも悪影響です。

 

間食も時々補う必要がある

食事の合間には間食を食べます。

間食は単にお腹がすいたから食べるというわけではなく、ブドウ糖を摂取するために行うものです。

間食にちょうどいいのは低脂肪で胃腸に優しい甘いお菓子です。

和菓子やゼリーといったものは消化も良く、ブドウ糖になりやすい食品です。

また脂肪が少ないので太る心配もありません。

間食を食べるタイミングはお腹がすいて頭が働かなくなってきた、低血糖の症状が出たといった時です。

こんな時には太ることを考えずに体のために是非間食をしてください。

脳が求めている時には溜めらわず急いで体に間食を入れてあげることが必要です。

受験勉強を成功させるためには正しい食生活とちょうどいいタイミングの、適度な間食が決め手です。

 


sponserdlink

【話題】塾に通わず30日間で確実に成績が上がる勉強法


KxEQtNVbtcohaHr1438393276_1438393454 のコピー


sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ